ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 県民生活交通課 新しい公共の場づくりのためのモデル事業(平成24年度)

新しい公共の場づくりのためのモデル事業(平成24年度)

1 事業内容

多様な担い手が協働して自らの地域の課題解決に当たる仕組みの下、NPO等、地方公共団体及び企業等が協働する取組に対して補助します。

2 募集事業の条件

【一般枠】
(1) 地域の諸課題の解決に向けた先進的な取組であり、他の地域のモデルになる新規事業であること。

(2) 事業の実施にあたり、多様な担い手(NPO等、企業、行政を含み、その構成メンバーは概ね5団体以上とする。)が協働して、自ら地域の諸課題に当たる仕組みによる会議体を立ち上げ、新しい公共による取組を進めるものであること。また、事業成果が一時的なものとならないように、事業終了後も会議体を活用した取組を継続させること。

(3) 公益性のある地域貢献事業であり、広く地域課題の解決が図られること。

(4) 地域住民のニーズが認められ、実施により地域住民の満足度が高まる事業であること。


【NPO等支援重点化枠】
上記(1)から(4)の他、次の要件(5)を充足するもの。
(5) 応募した事業案件の目的・計画に沿って参加・活動する関係NPO等の活動基盤整備、寄附募集、融資利用などの人材、情報、資金、仕組み面の取組の強化等、NPO等に対する支援を主な目的の一つに含むものであること。
 

3 補助対象経費

人件費(関係行政機関の恒常的職員に係る人件費を除く。)、諸謝金(委員、 講師等)、旅費(職員、委員、講師等)、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、使用料及び会場借料、募集広告費、計画策定費、委託費、施設等の整備費、 設備備品購入費等のうち県が必要と認める経費

4 補助率等

イ 10分の10以内とし、提出された事業計画書や収支予算書により、事業毎に判断します。

ロ 施設等整備及び備品購入等については、当該事業の補助対象経費の2分の1以内とします。但し、支援事業の趣旨に合致し、かつ、真に必要不可欠であり、事業終了後の扱いが明らかな場合に限ります。

5 補助基準額

1事業ごとの上限額は1,000万円とし、下限額は100万円とします。

6 応募資格

(1) 県内市町村

(2) NPO等(※)と県又は県内市町村を構成員に含む協議体等(※)
但し、県を構成員に含む協議体として申請する場合は、県以外の構成員を当該協議体の代表構成員としてください。

※交付要綱別表第1参照

7 応募の方法

応募をする場合は、補助金交付申請書(様式第1号)、事業計画書(様式第2号)、収支予算書(様式第3号)等申請に必要な書類を提出してください。

8 募集期間

平成24年2月24日金曜日から平成24年4月4日水曜日まで

9 事業の選定

県が設置する「岡山県新しい公共支援事業運営委員会」により、書類審査又は公開プレゼンテーション審査を行います。

10 交付要綱等

様式

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 県民生活交通課 新しい公共の場づくりのためのモデル事業(平成24年度)