岡山県営食肉卸売市場

トップ お問合せ サイトマップ
■トップ >> 牛海綿状脳症(BSE)対策
市場の概要
施設紹介
流通システム
イベント
ISO 9001
HACCPシステム
牛海綿状脳症(BSE)対策
統計資料
食肉の部位と特徴
リンク

■お問い合わせ
岡山市中区桜橋1丁目2番43号
TEL (086)272-2138
FAX (086)273-7729
地図はこちら
牛海綿状脳症(BSE)対策
岡山県営と畜場のBSE対策について
 岡山県営と畜場に搬入される生後24カ月以上で運動障害等を呈する牛については、ELISA法(酵素抗体法)※により、「牛海綿状脳症」(BSE)の検査を実施しております。特定危険部位に指定される頭部(舌・頬肉を除く)・脊髄・回腸遠位部については、搬入されるすべての牛から除去し、焼却処分しています。また、枝肉・内臓・骨・皮などは厳重に管理されており、BSE検査で陰性と確認された安全な牛肉のみが出荷され流通します。(岡山市食肉衛生検査所)
豆知識 ELISA法とは…
ELISA法は免疫学的精密検査法のひとつで、延髄を検体として酵素を加えて異常プリオンのみを精製し、これに発色液を加えて、吸光度と呼ばれる色の違いで判定を行ないBSEの診断を行う検査法です。
BSE検査の写真です
枝肉に合格印を押す写真です
牧場から食卓まで
システム図
>>牛BSEに関する岡山市の取組みについて (リンク)
牛の里おかやまモーモーランド
このページのトップへ
岡山県営食肉地方卸売市場

岡山県ホームページへ
牛の里おかやまモーモーランド