樹木図鑑 樹木図鑑

 


カンボク

スイカズラ科ガマズミ属

カンボク

木の特徴

北日本の山地に自生する。
高さ2から10m

花の特徴

6から7月に10cm程度の散房花序を出し直径4mmほどの小さな花をたくさんつける。花の周りは5弁の白い装飾花が取り囲む。

葉の特徴

葉は三裂し対生する。三行脈が目立つ。 葉の先端は尖り縁は荒い鋸歯がある。

実の特徴

実はほぼ球形で、9から10月に赤く熟し、葉が落ちた後も残る。

生育場所

郷土樹木園で見ることができる。