水田
岡山県農林水産総合センター
農業研究所

試験研究主要成果

水稲

試験研究主要成果(水田作部門)
[情報並びに普及に移し得る技術]

試験研究主要成果(水田作部門)

平成20年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度 平成16年度
平成15年度 平成14年度 平成13年度 平成12年度
主要成果トップページへ戻る

平成20年度主要成果

1.水稲奨励品種の高温登熟耐性(情報)
2.水稲「ヒノヒカリ、朝日」の疎植栽培における最適な栽植密度と植付本数(情報)
3.「コシヒカリ」の疎植栽培における最適な移植期と植付本数(情報)
4.疎植、穂肥施用法による「コシヒカリ」の倒伏程度の軽減(情報)
5.県南部干拓地水稲栽培における土壌診断に基づいたリン酸・加里肥料削減効果(情報)
6.簡易水質検査キットを利用した水田土壌の可給態リン酸の簡易定量(情報)
7.県内流通たい肥の窒素肥効パターン(情報)

平成19年度主要成果

1. 「ヒノヒカリ」、「朝日」の穂肥施用時期が収量、品質に及ぼす影響(情報)
2. 土壌施肥管理システムによる「ヒノヒカリ」への有機質肥料施用技術(技術)
3. 冬季の平均気温によるスクミリンゴガイの発生量の予測(情報)
(TOP)

平成18年度主要成果

1. 「あきたこまち」の白未熟粒が発生しにくい出穂後の温度条件(情報)
2. 「あきたこまち」の白未熟粒の発生を低減させる施肥方法(情報)
3. 「コシヒカリ」の白未熟粒が発生しにくい出穂後の温度条件(情報)
4.「コシヒカリ」の栽植密度、施肥方法が白未熟粒発生に及ぼす影響(情報)
5. 「ヒノヒカリ」の整粒歩合が低下しにくい出穂後の温度条件(情報)
6. 移植水稲の出穂期予測と作期設定(技術)
7. DCPA乳剤に替わる乾田直播栽培の雑草防除(技術)
8. 湛水散播かくはんによる「あきたこまち」の湛水直播栽培(情報)
9. 地理情報システム(GIS)を用いた窒素無機化予測システムの作成(技術)
10.牛ふんたい肥の連用による土壌からの窒素供給量の経年変化 (情報)
11.シリカゲル肥料の育苗培土混和による水稲ポット成苗の苗質向上(情報)
12.イネいもち病、紋枯病に対する嵐箱粒剤、嵐粒剤の効果(技術)
(TOP)

平成17年度主要成果

1. 県中北部地域の「コシヒカリ」栽培に適する被覆肥料(情報)
2. 水田土壌の可給態ケイ酸の評価法(情報)
3. 牛ふんを主原料とする堆肥の施用当年の肥効評価(情報)

平成16年度主要成果

1. 水稲不耕起乾田直播栽培における播種前の除草剤散布時期と窒素の溶脱(技術)
2. 水稲不耕起乾田直播栽培水田の田面水は高濃度のリンを含む時期がある(情報)
3. 牛ふんたい肥窒素含量の簡易推定方法(情報)
(TOP)

平成15年度主要成果

1. ‘岡山57号’を用いた省力的湛水表面散播栽培技術(情報)
2. ‘コシヒカリ’の不耕起乾田直播栽培における播種適期と播種量(技術)
3. 水稲−イタリアンライグラスを用いた環境負荷軽減型の連続不耕起乾田直播栽培技術体系(技術)
4. 水稲−イタリアンライグラス連続不耕起乾田直播栽培における籾殻牛ふん堆肥の利用(技術)
5. 不耕起田への堆肥連用に伴う冬作期間中のリン溶脱の増大とその対策(情報)
6. 「BLASTAメッシュ−岡山版」の判定結果に基づく本田粒剤処理によるいもち病防除(情報)
(TOP)

平成14年度主要成果

1. 水稲新品種‘岡山赤糯61号’の育成(技術)

平成13年度主要成果

1. 水稲新品種‘岡山57号’の育成(技術)
2. 水稲新品種‘岡山68号’の育成(技術)
3. 水稲品種‘岡山57号’による省力的な湛水直播栽培法(情報)
4. 草丈、茎数による水稲葉面積指数の推定(情報)
5. ‘あきたこまち’、‘コシヒカリ’における割れ籾と斑点米との関係(技術)
(TOP)

平成12年度主要成果

1.水稲の有望な赤米糯系統‘岡山赤糯61号’の特性
主要成果トップページへ戻る