集落営農
岡山県農林水産総合センター
農業研究所

試験研究主要成果

直売所

試験研究主要成果(農業経営部門・その他)
[情報並びに普及に移し得る技術]

試験研究主要成果(農業経営部門・その他)

平成20年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度 平成16年度
平成15年度 平成14年度 平成13年度 平成12年度
主要成果トップページへ戻る

平成20年度主要成果

1.直売所における地場野菜安定出荷への誘導方策(技術)

平成19年度主要成果

1. 直売所と連携して観光農園に取り組む産地活性化モデル(情報)
2. 立地条件の異なる直売所における売上向上方策(情報)
(TOP)

平成18年度主要成果

1. 県内ブドウ観光農園の利用満足度を高めるための改善方向(情報)

平成17年度主要成果

1. GISによる直売所の商圏把握と広報・宣伝活動の方法(技術)

2. 県内ブドウ産地での観光農園に対する消費者の意向と期待(情報)

平成16年度主要成果

1. マスカットとピオーネに対する消費者の評価(情報)

(TOP)

平成15年度主要成果

1. 消費者の家庭消費用ブドウの購入先とその選択理由(情報)

2. 家庭消費用ブドウの購入・消費の平均的スタイル(情報)
3. アレキとピオ−ネに対する消費者の購入価格心理(情報)
4. 試食がアレキとピオ−ネに対する消費者の購入価格心理に与える影響(情報)
5. 消費者満足度による農産物直売所の評価と質的改善項目(情報)
(TOP)

平成14年度主要成果

  • ★共通部門
1.窒素の溶出・無機化予測を用いた施肥設計ソフトの作成(技術)
2. 石灰質資材等を施用したときの土壌pHの推定(情報)
3. 旺盛で美観のよいグランドカバープランツの草種(技術)
  • ★農業経営部門

1. 消費者の果物購入行動の特徴(情報)

2. 市場ニーズからみたブドウ‘オーロラブラック’の技術改善方向(情報)
3. アレキ産地の生産・販売戦略立て直しに向けた技術開発の方向(情報)
(TOP)

平成13年度主要成果

  • ★共通部門
1. 日射フィルムによる積算日射量の測定(技術)
2. 岡山県農耕地土壌の20年間の変遷(情報)
3. 被覆複合肥料からの窒素溶出特性(情報)

4. 動物性有機質肥料からの窒素無機化特性(情報)

5. 窒素無機化・溶出予測を用いた施肥設計支援システム(技術)
6. 有機質肥料の窒素無機化傾向(情報)
7. フェロサンドによる土壌pH の矯正効果(技術)
8. 土壌の酸性矯正のための中和石灰量の推定(情報)
9. 小型反射式光度計(RQ フレックス)用硝酸試験紙の取扱いについて(技術)
10. 標準土壌試料の作成(情報)
11. 商用電源が不要で簡易・低コストなハウス環境制御システムの開発(技術)
12. パソコンによる高機能・低コストなハウス環境制御装置の開発(技術)
  • ★環境保全部門

1. 不耕起直播田を耕起移植田に転換したときのメタン発生量(技術)           

2. 塩類集積ハウス土壌の散水による防塩効果(情報)
  • ★農業経営部門

1. 使いやすい「法人経営診断システム」(技術)           

2. 果樹産地への労働力補完システム導入のポイント(技術)
3. 樹園地利用・労働力補完システムの導入による果樹産地の再編手順(技術)
(TOP)

平成12年度主要成果

  • ★茶業部門
岡山県内茶園土壌の化学性・施肥の実態
  • ★環境保全部門
不耕起乾田直播栽培の継続がメタンの発生に及ぼす影響
環境保全型土壌診断ソフトの開発
畑地周辺地下水の硝酸性窒素による汚染実態
  • ★農業経営部門
主要果樹の樹園地評価基準の作成      
主要果樹の樹園地評価支援ツールの開発
牛ふん堆肥生産における黒字運営施設の特徴と流通促進上の課題
主要成果トップページへ戻る