おかやま夢白桃
岡山県農林水産総合センター
農業研究所

試験研究主要成果

マスカット

試験研究主要成果(果樹部門)
[情報並びに普及に移し得る技術]

試験研究主要成果(果樹部門)

平成20年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度 平成16年度
平成15年度 平成14年度 平成13年度 平成12年度
主要成果トップページへ戻る

平成20年度主要成果

1.花の形態から判断する「おかやま夢白桃」の受粉限界(技術)
2.「おかやま夢白桃」成熟果の斑状着色は日当たりの良い幼果の果皮着色に由来する(技術)
3.長期間の部分マルチによるモモ「清水白桃」の生産安定(情報)
4.ブドウ穂軸への水分補給処理による収穫果実の鮮度保持(技術)
5.県内におけるクビアカスカシバ幼虫によるブドウ樹の被害実態(情報)
6.ブドウすす点病に対するカンタスドライフロアブルの効果(技術)
7.ブドウの新品種「シャインマスカット」(技術)
(TOP)

平成19年度主要成果

1. モモ「おかやま夢白桃」の着果管理(情報)

2. モモのモモノゴマダラノメイガに対する黄色灯の防除効果(情報)
3. モモのモモノゴマダラノメイガに対する黄色灯の有効範囲(情報)
4. 加温マスカットにおける省エネ技術事例(情報)
5. ブドウ「紫苑」の果房の形を向上させる開花期の無核化処理法(情報)
6. ブドウ穂軸への水分補給による収穫果実の鮮度保持(情報)
7. ジベレリンペースト剤塗布によるナシの側枝更新法(技術)
8. イチジクの新しい病害「黒葉枯病」(情報)
9. ナミハダニに対するバロックフロアブルの防除効果の低下(情報)
(TOP)

平成18年度主要成果

1. フェロモントラップによるモモノゴマダラノメイガの発生予察に基づく効率的防除法(技術)

2. ブドウの主枝下げが新梢誘引作業時間及び副梢生長に及ぼす影響(情報)
3. 種なしアレキにおける果皮褐変障害(情報)
4. 土壌pHが高い温室ブドウ園の改善(情報)
5. ブドウの葉面積換算表の作成(情報)
6. パーライト土壌混和によるモモと温室ブドウの発根促進(情報)
7. ナシ短果枝のジベレリンペースト剤塗布による新梢伸長促進(情報)
8. 接ぎ挿しによるイチジク苗の育成方法(技術)
9. オウトウの霜害発生における品種間差異(情報)
10.パーライトの違いによる土壌物理性改善効果並びにその持続期間(情報)
(TOP)

平成17年度主要成果

1. モモ赤肉症の発生程度を示す簡易指標の作成と発生の特徴(情報)

2. 小型懐中電灯によるモモ赤肉症発生果実の簡易な判別方法(技術)
3. モモ「清水白桃RS」の病害虫防除体系(技術)
4. モモノゴマダラノメイガ若齢幼虫に対する各種殺虫剤のモモ果実での残効性(情報)
5. モモノゴマダラノメイガの誘引性を高める新しい性フェロモン剤(情報)
6. ブドウ「オーロラブラック」の盆前収穫技術(技術)
7. ブドウ「ピオーネ」のおいしさの指標(情報)
8. ブドウ白紋羽病に対するフロンサイドSCの連年処理効果(技術)
9. ブドウのチャノキイロアザミウマに対するネオニコチノイド系剤の薬剤感受性低下(情報)
10. 黄色蛍光灯を利用した「ピオーネ」の鱗翅目害虫の防除(技術)
11. ギ酸カルシウム資材の葉面散布はナシ「新高」の尻あざ症、裂皮を抑制する(技術)
(TOP)

平成16年度主要成果

1. 農試育成モモ品‘新白麗’の特性(技術)

2. モモ‘清水白桃RS’の結実率が低い原因(情報)
3. モモ‘黄肉種’の高い抗酸化活性(情報)
4. ピオーネのトンネル栽培におけるシアナミドの処理適期(情報)
5. 紫外線カット笠掛けによるブドウ‘翠峰’の果皮褐変症状防止技術(技術)
6. ブドウ‘翠峰’の栽培技術マニュアルの作成(技術)
7. ブドウの減農薬栽培で問題となる鱗翅目害虫の見分け方(情報)
8. ガムテープを用いたナシの落果防止対策(技術)
9. ナシ汚果病防除における薬剤散布直後の袋掛けの重要性(情報)
10.カキ‘西条’のエスレル10散布による熟柿生産(技術)
(TOP)

平成15年度主要成果

1. モモ極早生品種‘はなよめ’の特性(技術)

2. ‘清水白桃RS’では 摘雷を行わない(技術)
3. モモの分施による減肥の可能性(情報)
4. モモの肥培管理面積の縮小による減肥の可能性(情報)
5. モモ‘清水白桃’の成熟日予測法(技術)
6. モモ‘黄金桃’のカロテノイド含有量(情報)
7. 摘粒作業を行わないピオ−ネの超省力的花(果)房管理法(技術)
8. ナシ‘愛宕’の果頂部切除による果形の改善(情報)
9. ブドウ根頭がん腫病菌の遺伝子診断(情報)
10. 加温アレキのハダニ類に対するスパイカル(ミヤコカブリダニ製剤)の使用法(技術)
11. 天敵類を活用した加温アレキのハダニ類防除法(技術)
(TOP)

平成14年度主要成果

1. 黒斑病抵抗性系統‘清水白桃の結実性(情報)

2. 土壌のpH上昇とホウ素添加処理によるモモ落蕾症の発生再現(情報)
3. ピオーネのジベレリンとフルメットの満開期1回処理による省力化(情報)
4. ブドウ‘翠峰’果皮の褐変症状の発生条件(情報)
5. 新遮光剤塗布によるガラス温室ブドウの高温回避効果(情報)
6. ニホンナシの改良むかで整枝に適した1本主枝大苗の育成(技術)
7. ニホンナシの改良むかで整枝による早期成園化(技術)
8. ニホンナシ‘新高’の8月上旬出荷技術(技術)
9. アセトンによるナシ冷凍粗花粉の精選処理(情報)
10. 露地ブドウ園における春播き草生栽培の特徴(情報)
11. モモのウメシロカイガラムシに対する冬期防除薬剤の効果(技術)
12. モモ黒斑病菌の袋掛け後の果実感染(情報)
13. ナシうどんこ病菌のメトキシアクリレート系薬剤に対する感受性(情報)
14. 加温アレキにおけるハダニ類の土着天敵の種類と発生消長(情報)
15. 温室ブドウのハダニ類の土着天敵に対する薬剤の影響(技術)
16. ナラタケモドキによる温室ブドウの衰弱枯死(情報)
17. スギ・ヒノキ花粉飛散数を利用した果樹カメムシ類の発生量予測(技術)
(TOP)

平成13年度主要成果

1. 注目されるモモ中生有望品種‘末木白桃’(情報)
2. 注目されるモモ中生有望品種‘まさひめ’(情報)
3. モモの超弱せん定による早期多収(情報)
4. 尿素の枝幹処理による加温栽培ピオーネの生育促進(技術)
5. ピオーネ(パック出荷用)小房づくりの省力的花穂整形法(情報)
6. ナギナタガヤ草生栽培におけるモモの樹体生長、果実品質(情報)
7. ナシ‘新高’と‘愛宕’に適した受粉品種(情報)
8. ナシ‘新高’の果頂部切除による果形の改善(技術)
9. ナシの腋芽の長さによる花芽の判定(技術)
10. ナシ‘新高’のハウス栽培に適した果そう内番花(技術)
11. 高糖度モモ生産のための栽培管理改善指針(技術)
12. ブドウ果実糖度の非破壊測定(技術)
13. ‘マスカット・オブ・アレキサンドリア’果実の冴えの評価(情報)
14. モモ果実の日持性と窒素栄養状態の関係(情報)
15. フェロサンドによるモモ落蕾症の改善効果(技術)
16. ブドウのカンザワハダニに対する天敵に優しいマイトコーネフロアブルの効果(技術)
17. 温室ブドウにおけるナミハダニの越冬場所(技術)
18. カキのアオマツムシの発生と被害(情報)
19. モモ黒斑病がまん延しやすい園地の気温・湿度の特徴(情報)
(TOP)

平成12年度主要成果

1.農試育成系統モモ103-1の特性
2.モモ‘浅間白桃’の徒長枝管理
3.‘清水白桃’の葉巻きと光合成との関係
4.‘安芸クイーン’の着果量制限時期
5.二度切り栽培による12月加温アレキの生産安定
6.ニホンナシ‘新高’の望ましい側枝勢力
7.RQフレックスを用いたピオーネの葉中マンガンの診断
8.ブドウのカンザワハダニに対するコテツフロアブルとバロックフロアブルの適用
9.ブドウべと病に対するホライズンドライフロアブルの適用
10.ナシ‘愛宕’の心腐れに関与する糸状菌
主要成果トップページへ戻る