リンドウ
岡山県農林水産総合センター
農業研究所

試験研究主要成果

スイートピー

試験研究主要成果(花き部門)
[情報並びに普及に移し得る技術]

試験研究主要成果(花き部門)

平成20年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度 平成16年度
平成15年度 平成14年度 平成13年度 平成12年度
主要成果トップページへ戻る

平成20年度主要成果

1.施設栽培バラでのカブリダニ類の放飼によるナミハダニ被害の抑制効果(情報)
2.電照加温促成作型に適したおかやまオリジナルラークスパー優良系統の選抜(技術)
3.ブプレウラムの出芽促進技術(技術)
(TOP)

平成19年度主要成果

1. 施設栽培バラのナミハダニに対するチリカブリダニとミヤコカブリダニの捕食特性(情報)
2. 有望なリンドウ中生F1系統(情報)
3. スイートピー新品種「岡山農試ピー3号」の育成(技術)

平成18年度主要成果

1. 種子の湿潤低温処理によるブプレウラムの生育改善と品質向上(技術)
(TOP)

平成17年度主要成果

1. おかやまオリジナルリンドウ中生F1系統の育成(情報)

2. おかやまオリジナルリリー「アルテミス」は母球の低温処理で成苗率が高まる(情報)

平成16年度主要成果

2. ラークスパーの採種に適する作型(情報)

平成15年度主要成果

1. 胚培養により育成したユリ新品種‘カリステ’(技術)

2. リンドウの加温促成栽培における開花促進日数の目安(情報)
3. ラ−クスパ−の出芽に適する育苗土(技術)
4. バラ養液土耕栽培土壌には多量の硝酸態窒素が蓄積する(情報)
5. ポインセチアの新しい病気「褐斑病」(情報)
(TOP)

平成14年度主要成果

1. 電照・盆出し作型に適する夏秋小ギク品種(技術)

2. 電照・彼岸出し作型に適する夏秋小ギク品種(技術)
3. リンドウの6月定植作型の生育促進のためのジベレリン処理法(情報)
4. ブプレウラムの発芽率向上のための採種時期と播種時の注意点(技術)   

平成13年度主要成果

1. 夏秋小ギク品種間の葉先枯れ症発生程度の差(情報)      

2. 再電照による開花調節に適する夏秋小ギク品種(技術)
3. 胚培養によるユリ新品種アルテミス(仮称)の育成(技術)
4. 冷房育苗、摘心及び電照によるブルーレースフラワーの開花調節(技術)   
5. トルコギキョウ「固化若苗定植」の種子冷蔵併用効果による品種分類(情報)   
6. トルコギキョウの「種子冷蔵+固化若苗定植」の定植適期(技術)   
7. 岡山農試が体系化したバラの養液土耕栽培(情報)   
(TOP)

平成12年度主要成果

彼岸出し作型における小ギク品種の電照による開花抑制効果     
ブルーレースフラワーの摘心栽培
クレマチスの長日処理による開花期延長効果
トルコギキョウの秋出し作型における固化剤を利用した若苗定植
トルコギキョウの若苗定植における種子冷蔵併用効果
主要成果トップページへ戻る