岡山県ホームページ

■ほじょ犬を知っていますか

 皆さんは、“ほじょ犬”(ほじょけん)をご存じですか。
 ほじょ犬は、目や耳や手足に障害のある方の生活のお手伝いをする「盲導犬」「聴導犬」「介助犬」のことを言います。
 きちんとしつけられており、社会のマナーも守ることができ、お手入れも行き届き清潔で、人が立ち入ることのできる、さまざまな場所に同伴できます。
 平成14年に施行された身体障害者補助犬法では、公共施設や交通機関のほか、飲食店やスーパー、ホテルなど不特定かつ多数の人が利用する民間施設でも、ほじょ犬の同伴を受け入れることが義務付けられています。
 ほじょ犬のユーザーとほじょ犬はどこでも一緒です。「犬だから」という理由で受け入れを拒否しないでください。
 障害のある人の自立と社会参加のため、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

(参考)
・岡山県では平成10年度から身体障害者育成事業に取り組んでいます。
・ほじょ犬の実働頭数は全国では盲導犬966頭、聴導犬65頭、介助犬71頭。岡山県では盲導犬16頭で、聴導犬及び介助犬はいません。(平成28年7月1日現在)

<問い合わせ先>
  障害福祉課 086-226-7362



[0]岡山県ホームページトップへ
岡山県
086-224-2111
受付時間:平日9時〜17時