津島遺跡(岡山市北区いずみ町)

 岡山市街地を流れる旭川の西岸に営まれた弥生時代から古墳時代の集落遺跡です。
 2,359個の桃核は、弥生時代後期に流れていた 幅50メートルの河道の中で見つかりました。ここでは、たくさんの土器や木製品、建築部材、貝がらなどもまとまって出土しています。

出土した河道
桃核が出土した河道

絵画土器 特殊な器台
絵画土器 特殊な器台

装飾板
装飾文様が刻まれた板

土器 建築部材
出土した土器 建築部材の出土状況

▲このページのトップへ