はじめに

 平成22年、邪馬台国の中心地とも言われる奈良県纏向遺跡から、2,765個のモモの種(桃核)が出土したことが報じられましたが、実は岡山県でも約10,000個ものモモの種が弥生時代の遺跡から見つかっているのです。その概要は、すでに企画展示や所報の中で紹介したところですが、みなさんにもっと知っていただくため、新たなコーナーを設けましたのでご利用ください。


目次


 ・岡山と桃
 ・県内の桃核出土遺跡
 ・古代のモモ

関連資料


 ・企画展資料(PDF形式)
 ・『所報吉備』56号(PDF形式)
 *御利用いただくためには、Adobe社が提供するAdobe Reader(無料)が必要です。
 ◆Adobe Readerをお持ちでない方は、こちら からインストールしてください。



▲このページのトップへ