百間川今谷遺跡(岡山市中区今谷)

 岡山市街地を流れる旭川の東岸に、弥生時代から古墳時代を中心として営まれた集落遺跡です。
 316個の桃核は、北から南に流れる弥生時代後期の溝(自然流路か)で見つかりました。ここでは、土器や木製品なども出土しています。また、桃核の他に、クルミ1個やヒョウタン類の種子7個も見つかっています。

出土した河道
桃核が出土した河道(白線の間が河道)

出土した遺物
出土した遺物


▲このページのトップへ