平成30年度企画展1「須恵のうつわもの」

企画展示の概要

概要

    5世紀頃に朝鮮半島から伝わった須恵器は、専用の窯を用いて
   高温で焼成する焼き物で、現代の備前焼に通じています。
    今回の展示では、製作方法や用途に加え、遺跡の年代を決める
   手がかりとしても重要な役割をもつ須恵器について分かりやすく解説します。
   *資料はこちら

開催期間

平成30年4月17日(火曜日)~平成30年9月30日(日曜日)
 *臨時休館する場合があります。

開催場所

岡山県古代吉備文化財センター 展示室
 会場近郊地図はこちら

開館時間

午前9時~午後5時
土曜日・日曜日・祝日も開館

入館料

無料

主な展示品

・寒風古窯跡〈さぶかぜこようせき〉出土須恵器生産関係資料
・高塚〈たかつか〉遺跡出土初期須恵器
・菅生〈すごう〉小学校裏山遺跡出土初期須恵器
・斎富〈さいどみ〉2号墳出土須恵器
・畑の平〈はたけのひら〉古墳群出土須恵器

企画展示の様子(その1) 企画展示の様子(その2)
企画展示の様子(その1) 企画展示の様子(その2)


▲このページのトップへ