最終回 勝央町を発掘する−終わりにあたって−

 美作岡山道路の建設に先立って行ってきた発掘調査も、ようやく終わりに近づきました。勝央町の南東端を南北に貫〈つらぬ〉くように発掘した今回の調査では、この町の歴史に新たな頁〈ぺいじ〉を付け加えるような発見が相次ぎました。
 滝川のほとりでは、縄文時代初頭(10,000年前)の狩人たちが残した石の矢尻や槍先が見つかったほか、稲作がはじまった弥生時代前期(二千数百年前)の生活の跡を確認しました。黒土の丘の上では、弥生時代中期(2,000年前)に平地から居を移した人々の住まいが各所で見つかっています。
 また小矢田の丘の上に営まれた集落では、各地から持ち運ばれた土器がたくさん出土し、弥生時代末(1,800年前)の盛んな交流ぶりをうかがわせます。さらに鍵の池の奥では、古墳時代後期(1,400年前)、鍛冶〈かじ〉という最先端の技術を身に付けた人々の住まいが見つかりました。
 このほか黒土に広がる水田の下では、勝間田荘の経営にかかわった有力者の居宅を確認したほか、粘土を採掘した穴が無数に見つかり、鎌倉時代(800年前)に焼き物づくりが盛んに行われていたことが明らかになったのです。
 大地に刻まれたこのような営みの跡は、美作岡山道路の建設によって永遠に失われました。しかしそこからは、自然を巧みに利用して生き抜くための知恵や工夫、山間の地にありながら新しい技術や文化を積極的に取り入れた進取の気風を読み取ることができます。
 こうした先人たちの残したメッセージが、明日の勝央町を担う人たちの糧〈かて〉となることを願って、2年にわたり綴〈つづ〉ってきたこの物語りを終えることにします。

*『広報しょうおう』2013.3月号掲載記事を一部改変して転載


▲このページのトップへ