連載第6回  フンドウガタドセイヒン

                  

文/岡山県古代吉備文化財センター 柴田 英樹

   



     岡山県の出土品で、特徴的なモノのひとつにフンドウガタドセイヒンがあげ
    られます。

     それって何?と思った人も多いことでしょう。これは、今から2,200−1,900年
    前頃の弥生時代(中期の中頃から後期の前半)、おもに瀬戸内海周辺や山
    陰に住む人々が、ていねいに土で作った分銅(ふんどう)の形をしたモノです。

      分銅とは、それぞれに重さが定められた金属のおもりで、秤(はかり)にの
    せて使います。今回紹介する分銅形土製品は、まさしく形が江戸時代以降
    によく使われたおもりとよく似ているためにこのような名前が付けられていま
    す。

      ここでは、イチョウの葉2枚を上下対称にくっつけた形を想像してください。
    それが代表的な形のひとつです。分銅は、今の日常生活では、ほとんど使
    われることはありませんが、家紋や銀行を示す地図記号、某製薬会社のマ
    ークに見ることができます。



分銅形土製品
岡山市百間川兼基遺跡出土の分銅形土製品




     分銅形土製品は、長さ5−10cm前後のものが多く、左右の端や上の面にい
    くつかの小さな穴が開いていることがよくあります。形は、イチョウの葉をくっ
    つけた形だけでなく、愛媛県や山口県あたりでは、上下の形が四角形になっ
    ています。

      表面には、不思議な文様が櫛のような道具などで描かれていて、赤く塗ら
    れることもあります。文様にも、眉に似た形や小さな半円、縁取りのようになっ
    たもの、細い棒でつついた文様などなど、いろいろあります。

      「岡山」の人々は眉の形や半円の文様をよく使い、「鳥取」・「兵庫」の人々
    は縁取りを好んでいます。顔を表すことや、裏面にも何かを描くこともまれに
    あり、先の「愛媛」・「山口」の人々にとっては文様よりも顔を表すことが重要
    だったようです。

      長さが10cm程度の大形品の多くは、そのような文様で飾りたてられ、上端
    にも穴が開いていますが、5cm程度の小形品になると文様もあまり描かず、
    上端の穴がないものも多くなります。どうやら、大きさや形、文様などの違い
    は、地域や時代、使い方などの違いを示していると考えたほうがいいようで
    す。



顔が表された分銅形土製品
顔が表された分銅形土製品



「岡山」の人たちが好んだ文様
雄町遺跡の分銅形土製品
岡山市雄町遺跡
加茂政所遺跡の分銅形土製品
岡山市加茂政所遺跡




     現在のところ、720点あまりの分銅形土製品が見つかっていて、その約43
    %
    が岡山県、次いで約16%が鳥取県、兵庫県・広島県でそれぞれ約9−10%、
    島根県・愛媛県でそれぞれ5%を占めています。

      つまり、岡山・鳥取が分布の中心なのです。確かに、岡山県内(特に南部)
    では、弥生時代中期から後期の集落の発掘調査をすれば、1点くらいは出
    るかなと思わせるような遺物です(ちょっと言い過ぎ?)。

      ほかにも、山口県や石川県、香川県などでも20点前後、以下、大阪府、京
    都府、徳島県、福岡県、奈良県と続きます。



分銅形土製品府県別出土割合
分銅形土製品府県別出土割合



文様使用頻度比較
文様使用頻度比較




      ところで、考古学では、出土したモノに名前を付けていろいろ分類していま
    す。その使い方がわかれば命名も簡単なのですが、わからない時には何か
    の形に似ていることで名前を付けることも多いのです。


      つまり、分銅形土製品は、分銅に似ているのですが、決して分銅として使
    われたというわけではないのです(ちょっとややこしいですね)。では、これ
    がどのように使われたのか、となるとたいへん難しい問題です。実は、考古
    学ではわからないことだらけなのです。


     分銅形土製品は、出土数が少なく、その奇妙な文様などから日用品では
    なく、何かのマツリの道具と想像されています。
      見つかった時には、割れて破片になっていることが多いので、そこに注目
    する考えもありますが、これは本来の使用方法を示す有力な証拠とは言え
    ません。


      これまでに、縄文時代の土偶(どぐう)や土版(どばん)と同じようなモノだ
    とする説や、守り札(まもりふだ)説、仮面説などが示されていますが、「こ
    れで決定!!」ということにはなっていません。
      ただ、マツリと関係する呪術(じゅじゅつ)的なモノ、弥生人の精神文化を
    示すモノであるとの考え方では一致しています。


      私は、これがマツリの際に使う装身具(ただの飾りではなく、それ自体が何
    か特別な力を持つ)と想像しています。
      穴に飾りを差し込んだり、表面を赤く塗ったりした大形のものは仮面として、
    小さいものも身に付けたりして、マツリに参加した集団がそれぞれの個性や
    力を表現すると考えていますが、本当のところはまだわかりません。



上東遺跡出土の分銅形土製品
倉敷市上東遺跡出土の分銅形土製品




      分銅形土製品は、岡山・鳥取に多く分布すると言いましたが、見方を変え
    ると、いわゆる「吉備」(岡山・広島東部)南部にとりわけ集中し、山陰や播磨
    (はりま)などでも使われていたと言えます。

      それらは、形こそ似ていますが、各地独特の文様で飾られているのです。
    作った場所と使った場所が同じかどうかはまだ考えなければいけませんが、
    これらの地域の人々が同じようなマツリの道具を使いつつも、それぞれに
    個性を主張していたことは間違いないようです。

      そうすると、住んでいる場所が遠く離れていても、お互いに何らかの仲間
    意識や共通した宗教観があり、近くどうしではそれがいっそう強かったと考え
    ることはごく自然ではないでしょうか。

      このように結束した地域とその中心地が、弥生時代の中ごろには芽生えて
    いたことを、この分銅形土製品は示してくれています。


     同じ頃、マツリで使う青銅の武器にも、近畿の大阪湾型銅戈(どうか)、北
    部九州の中広形銅矛(なかひろがたどうほこ)、瀬戸内の平形銅剣(ひらが
    たどうけん)といったように、地域ごとに違いが生まれ始めると言われていま
    す。

      しかし、後期になるとやがて分銅形土製品は消えてゆき、同時に吉備では、
    ほかに先駆けて銅鐸や青銅製武器を使うことさえもやめることがわかってき
    ました。マツリが変わったのです。

      どんなマツリが、どう変わったのか、やっぱりこれからまだまだ調べないとい
    けないことだらけです。






▲このページのトップへ