岡山県立博物館:今後の展示予定

岡山県立博物館:今後の展示予定

トップページ今後の展示予定

特別展

サムライアーマー甲冑  -岡山ゆかりの名品と変わり兜-

期 間

会   期  5月25日(金曜日)~7月8日(日曜日)

休 館 日   毎週月曜日

開館時間 午前9時~午後6時

       ※開会初日の5月25日のみ午前10時開館

入 館 料  一般450円、65歳以上220円、高校生以下無料

 

 

 日本の甲冑は、武士の晴れ舞台である合戦において、命を託すと共に自らの活躍をアピールするものとして、機能的な実用性と人目を引く美しさが求められました。そして、戦いのあり方や武器の変化に対応して進化し、各時代の工芸技術の粋が集められた優れた美術工芸品となっています。近年、戦国武将ブームの影響により、甲冑への関心が高まっています。本展では、岡山ゆかりの名品と共に奇抜なデザインの変わり兜を一堂に展示し、我が国の甲冑の魅力を紹介します。

 

 

 

関連行事

・記念講演会  

※各回定員140名(先着順、当日開館時から整理券配布、12時30分から受付開始)

※事前申込不要、聴講無料

 

<第1回>

日 時:6月3日(日) 

    午後1時30分~3時

講 師:日本甲冑武具研究保存会

    副会長 西岡 文夫 氏

演 題:「日本の甲冑 その構造と

    特色 ―甲冑師の視点から―」

 

<第2回>

日 時:6月24日(日) 

    午後1時30分~3時

講 師:四国大学文学部教授 

    須藤 茂樹 氏

演 題:「戦国武将と変わり兜 

 

 

・正子公也戦国武将画パネル展

 イラストレーター正子公也氏の戦国武将イラストパネルを展示します。

日 時:会期中の午前9時~午後6時

会 場:岡山県立博物館 2階ホール

備 考:鑑賞には入館料が必要・撮影可能

 

・復元甲冑の着用体験会

 体験用の甲冑を着用して武将気分を味わえます。記念撮影もできます。

日 時:平成30年5月26日(土)、7月7日(土)

    いずれも午後1時~4時

 

・学芸員による展示解説

日 時:平成30年5月27日(日)、6月10日(日)、6月30日(土)

    いずれも午後2時~3時

    

 

連携事業 

岡山カルチャーゾーン加盟3館連携事業『おかやまサムライめぐり』

 

林原美術館   企画展「サムライの纏うもの」

           平成30年4月21日(土)~6月17日(日)

 

岡山城天守閣  企画展「サムライ達の関ヶ原

              -秀家・秀秋・輝政に思いを馳せる-

         平成30年5月18日(金)~6月24日(日)

 

岡山県立博物館 特別展「サムライアーマー甲冑

             -岡山ゆかりの名品と変わり兜-

        平成30年5月25日(金)~7月8日(日)

 

「岡山県立博物館・岡山城天守閣・林原美術館リレー展示解説」

 展示担当者の解説を受けながら、3館の展覧会をめぐります。

日   時:平成30年6月16日(土) 午後1時~4時30分

集合場所岡山県立博物館

 

 

岡山ゆかりの肖像

期 間

会   期  10月19日(金曜日)~11月25日(日曜日)

休 館 日   毎週月曜日

開館時間 午前9時30分~午後5時

       ※開会初日の10月19日のみ午前10時開館

入 館 料  一般450円、65歳以上220円、高校生以下無料

 肖像とは、モデルとなった人物の姿を絵画や彫刻等で表現したものです。そこからは人物の身体的特徴だけでなく、作品の大きさや形、服装や背景等から制作者の意図や時代背景など、様々な情報を知ることができます。

 本展覧会では、戦国時代から江戸時代までに活躍した、岡山ゆかりの人物の肖像を取り上げ、肖像や画賛に残された情報を丁寧に読み取り、人物についての最新の研究成果とともに紹介します。

 

 

 

関連行事

・記念講演会  

※各回定員120名(先着順)

※事前申込不要、聴講無料

 

<第1回>

日 時:10月21日(日) 

    午後1時30分~3時

講 師:駿河台大学

    副学長 黒田 基樹 氏

演 題:「小早川秀秋の実像に迫る」

会 場:岡山県立博物館 講堂

 

<第2回>

日 時:11月11日(日) 

    午後1時30分~3時

講 師:名古屋大学大学院人文学研究科 教授 

    斎藤 夏来 氏

演 題:「画像賛が語る小早川氏 

会 場:岡山県立博物館 講堂

 

・ワークショップ コラージュ de 肖像画

 衣装や畳などのパーツを切り貼りして、自分好みの肖像画を作ります。

日 時:11月18日(日)

    午後1時30分~3時

会 場:岡山県立博物館 講堂

講 師:イラストレーター・デザイナー タケシマレイコ氏

対 象:小学生以上(ただし小学生は保護者同伴)

定 員:20名(事前申込が必要、先着順)

申 込:専用フォームから応募してください →申し込みはコチラ←

備 考:参加無料

    参加決定通知、ならびに詳細につきましては

    後日送付いたします。

 

 

・学芸員による展示解説

日 時:毎週土曜日 午後2時~3時

会 場:岡山県立博物館 第1・2展示室

備 考:事前申込不要、参加無料、入館料は必要

    

 

ページの上部へ戻る

企画展

報恩大師信仰と寺院縁起 四十八ケ寺を中心に

期 間

会   期  9月13日(木曜日)~10月14日(日曜日)

休 館 日   毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)

開館時間 午前9時~午後6時  9月30日まで

       午前9時30分~午後5時  10月1日から

入 館 料  一般250円、65歳以上120円、高校生以下無料

 備前国四十八ケ寺は、平安時代以前にその基礎ができていたと見られる古刹ですが、奈良時代に報恩大師が備前国内に開創、中興したという伝承が広く取り入れられるようになったのは、江戸時代以降です。報恩大師の伝承はどのように広まり、採り入れられたのでしょうか。備前国四十八ケ寺のほか備中地方にまで広がった報恩大師の伝承を寺院縁起等を通して紹介します。

 

 

関連行事

・記念講演会  

※定員120名、先着順

※事前申込不要、聴講無料

 

日 時:9月22日(土) 

    午後1時30分~3時

講 師:岡山大学大学院准教授

    德永 誓子 氏

演 題:「備前四十八ケ寺以前

   中世吉備の寺院を考える

 

・学芸員による展示解説

日 時:9月13日(木)

    10月13日(土)

    いずれも午後2時~3時

その他:参加無料(入館料は必要)

 

ページの上部へ戻る

 

交流展

                  

伊予の戦国時代

期 間

平成31年1月18日(金曜日)~2月17日(日曜日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 平成18年度より始まった中四国の県との文化交流事業は、平成30年度から愛媛県歴史博物館と交流を行います。初年度は、戦国時代に伊予国を治めた戦国大名河野氏を中心に、同国内にいた戦国武将たちの事績を取り上げます。天正年間に土佐国の戦国大名長宗我部元親に対抗した様子を知ることのできる史料も含め、伊予国での戦国時代の状況について紹介します。

 

                                                                                               ページの上部へ戻る

平常展

 

 岡山県立博物館では、岡山県の歴史と文化を物語る数多くの資料を

収集保存しています。考古・美術・古文書・民俗・刀剣・備前焼など各分野の

実物資料を中心に展示を構成し、1~2か月ごとに展示替えを行っています。

何度も来て楽しんでいただける博物館を目指しています。

春季展1「岡山の歴史と文化」 

  特別陳列 西大寺文書の世界

期 間

3月16日~4月15日 

春季展2「岡山の歴史と文化」

  特別陳列 乕徹と幕末維新の名刀

期 間

4月18日~5月20日 

夏季展1「岡山の歴史と文化」

期 間

5月25日~7月8日 

夏季展2「岡山の歴史と文化」

期 間

7月13日~8月5日

夏季展3「岡山の歴史と文化」

期 間

8月7日~9月9日

秋季展1「岡山の歴史と文化」

期 間

9月13日~10月14日

 

秋季展2「岡山の歴史と文化」

期 間 10月19日~11月25日

冬季展1「岡山の歴史と文化」

期 間 11月30日~12月24日

冬季展2「岡山の歴史と文化」

期 間 1月1日~1月14日

冬季展3「岡山の歴史と文化」

期 間 1月18日~2月17日

 

春季展1「岡山の歴史と文化」

期 間 2月21日~3月24日

春季展2「岡山の歴史と文化」

期 間 3月26日~4月21日

 

 

ページの上部へ戻る