岡山県立博物館:ただ今の展示

岡山県立博物館:ただ今の展示

トップページただ今の展示

特別展 

 

  カミとほとけの姿 -岡山の信仰文化とその背景- 


開催期間

平成28年9月9日(金)~10月16日(日)

休  館  日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)

       9月20日(火)、10月11日(火)

開館時間 :午前9時 ~午後6時 (9月30日まで) 

       午前9時30分~午後5時 (10月1日から)

        ※9月9日のみ午前10時開館

    

 古来、日本人が信仰してきた「カミ」は姿を見せないもの、または姿を持たないものとされてきました。6世紀中ごろ、仏教の教えとともに「ほとけ」の姿をあらわした仏像が日本へ伝わると、人々はこれまで信仰してきた「カミ」に対しても具体的な姿を求めるようになり、神像を制作します。

 本展覧会では、神像と仏像をはじめとした彫刻を中心に、岡山県に伝わる宗教美術を紹介します。

 

入 館 料  : 大人650円・65歳以上320円・高校生200円

         小人180円・5歳未満無料

         

展示解説 : 毎週土曜日 午後2時~3時

関連行事 : 特別講座「カミとほとけの姿」

         

         いずれも午後1時30分~午後3時

         定員140名(先着順)

         事前申込不要、聴講無料

         ※展覧会見学には入館料が必要です

         第1回 9月18日(日)

         「岡山県の彫刻文化財」

         講師 土井 通弘 氏 (就実大学 教授)

         第2回 9月25日(日)

         「岡山の平安仏、その特性を探る

          -中・四国所在の平安仏との比較において-」

         講師 上薗 四郎 氏 (笠岡市立竹喬美術館 館長)

 

         第3回 10月9日(日)

         「神仏習合~アジア東部における神と仏の信仰と日本」

         講師 吉田 一彦氏 (名古屋市立大学 教授)

 

チラシデータはこちらから←

 

ページの上部へ戻る

 特別展 カミとほとけの姿 -岡山の信仰文化とその背景- 

第1展示室        

第1章 仏の造形

 

 仏像は役割に基づき、「如来」、「菩薩」、「天部」、「明王」の、大きく

4つに分類されます。

 第1章では、岡山県に伝わる仏像を通じて、さまざまな「ほとけ」の

姿をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<主な展示作品>     

 

如来立像

白鳳 - 天平時代 倉敷市 安養寺

重要文化財

観音菩薩立像

平安時代 岡山市 明王寺

岡山県指定重要文化財

聖観音坐像

平安時代 真庭市 明徳寺

《第1章 出品目録》

    

ページの上部へ戻る

第2展示室        

第2章 <神>像の出現

 

 外来の「カミ」である「ほとけ」を仏像として表現することが普及すると、

人々は、仏教が伝わる前から信仰してきた「カミ」に対しても具体的な姿を

求めるようになります。そして出現するのが<神>像です。

 第2章では、神像を中心に、彫刻や絵画などで表現された「カミ」の姿を

ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<主な展示作品>

岡山県指定重要文化財

女神像

平安時代

個人蔵

重要文化財

随身立像

応保2(1162)年

津山市 高野神社

神像

鎌倉 - 南北朝時代

真庭市 木山神社

《第2章 出品目録》

 

 

第3展示室        

  • 第3章 釈迦と浄土へのあこがれ
  •  

  •  釈迦の姿と生涯は、経典に基づきながら彫刻や絵画として表現され、人々に伝えられます。なかでも、多くの弟子や動物などに囲まれながら釈迦が亡くなる情景を描いた絵画、「涅槃図」が数多く制作されました。

  •  浄土とは、仏の住む清らかな土地であり、仏国土とも呼ばれます。仏の数だけ浄土はありますが、日本では、阿弥陀如来が住む西方極楽浄土へのあこがれが強くありました。

  •  第3章では、当時の人々があこがれた仏教の始祖である釈迦と、極楽浄土へと導く阿弥陀如来の姿をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<主な展示作品>

重要文化財

釈迦如来坐像

延文3(1358)年

備前市 妙圀寺

岡山県指定重要文化財

釈迦三尊像

室町時代

高梁市 浄明寺

重要文化財

仏涅槃図 

(前期のみ)

鎌倉時代

笠岡市 安養院 自性院

倉敷市指定重要文化財

阿弥陀如来立像

鎌倉時代

倉敷市 般若院

《第3章 出品目録》

 

 

 

第4展示室        

  • 第4章 密教の仏
  •  9世紀のはじめごろ、呪術的な儀式を取り入れて体系化された密教が、最澄(伝教大士)や空海(弘法大士)により中国から伝えられます。

  •  第4章では、不動明王をはじめとした密教の仏の姿を通して、神秘的とも言われる密教美術の世界をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<主な展示作品>

重要文化財

両界曼荼羅図

(前期のみ)

南北朝 - 室町時代

美作市 長福寺

重要文化財

十二天像(伝増吽筆)

南北朝 - 室町時代

美作市 長福寺

重要文化財

愛染明王像

(前期のみ)

南北朝時代

矢掛町 捧澤寺

重要文化財

不動二童子像

平安時代

真庭市 勇山寺

《第4章 出品目録》

 

 

    

 

ページの上部へ戻る


Get Adobe Reader

ご覧頂くためには、Adobe AcrobatReader 4.0以上が必要です。導入されていない方は右のアイコンをクリックして、Adobe Systemのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。