岡山県立博物館:ただ今の展示

岡山県立博物館:ただ今の展示

トップページただ今の展示

特別陳列 

岡山の三角縁神獣鏡


開催期間

令和元年6月4日(火)~7月15日(月・祝)

入 館 料:大人250円、65歳以上120円

       高校生以下無料

休 館 日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)

開館時間:午前9時~午後6時 

会  場  :第1展示室

 古墳時代の鏡は、豪族の権威や地位を表す器物でした。その代表が三角縁神獣鏡です。邪馬台国の女王卑弥呼が、魏の皇帝から下賜された銅鏡百枚の有力な候補とみなされる一方、中国からの出土はなく、製作地や製作技術について議論、研究が続いています。

 今回の特別陳列では、3面の三角縁神獣鏡と、関連する資料を展示しました。それぞれに特徴がある鏡を、間近にご覧ください。

 

  • <主な展示作品>
  • 三角縁四神四獣鏡

    古墳時代

    岡山県立博物館蔵

    三角縁天王日月獣文帯

    四神四獣鏡

    古墳時代

    個人蔵

    三角縁波文帯二神四獣鏡

    古墳時代

    個人蔵

<出品目録はこちら>

◆関連行事

・学芸員による展示解説  

  日 時:令和元年6月8日、6月29日、7月13日

       いずれも土曜日 午後2時~

    

 

◆展覧会チラシはこちら

    

ページの上部へ戻る

第1展示室     <出品目録はこちら>

  • 古代吉備の世界-岡山県内出土の考古資料-
  •  

  •  かつて吉備と呼ばれた岡山県には、数多くの遺跡が残されています。

    ここでは、旧石器時代から古代に至る岡山県内出土の考古資料を展示します。

  • <主な展示作品>
  •  

     

     

     

     

     

     

 

 

  •  

    重要文化財

    特殊器台

    宮山遺跡(総社市)出土

    弥生時代後期

    岡山県立博物館蔵

    旋帯文石 (複製)

    ※原品は楯築遺跡(倉敷市)所在

    原品:弥生時代後期

    原品楯築神社蔵

    八幡大塚2号墳副葬品

    古墳時代後期

    文化庁蔵

 

 

  • 第2展示室      <出品目録はこちら>

    • 岡山の教育と学問―閑谷学校―
    •  

       岡山藩主池田光政は、陽明学者熊沢蕃山を登用して藩政を確立し、儒学を治国の理念に据えました。寛文6(1666)年の石山仮学館や、同9年の藩学校、同10年の閑谷学校創設もそうした方針の一環であったと考えられます。特に閑谷学校は、領内の村役人層を中心とした庶民の子弟教育のためにつくられた郷学として広く知られました。

       明治3(1870)年、200年以上続いた閑谷学校は廃止となり、藩学校へ併合されました。しかし、その3年後、備中の漢学者・山田方谷を招聘して閑谷精舎として再興されることになります。

       本展示では、江戸時代前期につくられた郷学閑谷学校と、明治時代初めにつくられた閑谷精舎を取り上げ、岡山の教育史の一端を紹介します。

    • <主な展示作品>
    •  

       

       

       

       

       

       

    •  

      重要文化財

      閑谷學図

      文化10(1813)年

      岡山県蔵

      池田家履歴略記

      江戸時代

      岡山県立図書館蔵

      山田方谷漢詩

      孤杖来尋閑谷源

      明治6(1873)年

      特別史跡旧閑谷学校

      顕彰保存会蔵

     

 

 

    • 岡山の仏像と神像
    •  

       平安時代中頃から南北朝時代(10~14世紀)にかけて制作された、県下の仏像・神像を特集します。

       かつては公開されることの少なかった神像も、近年は記録作成や防犯の目的で全国的な調査が進んでいます。今回ご紹介する神像はいずれも近年に発見あるいは再調査されて、当館で保管することになったものです。

      美麗な仏像、素朴で力強い彫り口を生かした神像、それぞれの美をお楽しみください。

    • <主な展示作品>
    •  

       

       

       

       

       

       

     

     

    •  

      岡山県指定重要文化財

      木造 文殊大明神坐像

      南北朝時代

      美咲町 摩賀多神社蔵

      岡山県指定重要文化財

      木造 男神像

      鎌倉時代

      真庭市 宇南寺蔵

      岡山県指定重要文化財

      木造 聖観音菩薩坐像

      平安時代

      真庭市 明徳時蔵

    •  

 

第3展示室      <出品目録はこちら>

  • 子どもの遊びと子どもの学び②
  •  かつての子どもたちは自然の中で自由に遊び、遊びの中から多くのことを学びました。しかし、社会の移り変わりとともに近年ではその環境も大きく変化してきました。

  •  この度の展示では、昭和時代の子どもたちがどのような玩具で遊び、どのような道具を使用して学んでいたか、その一端を紹介します。
  • <主な展示作品>
  •  

     

     

     

     

     

     

 

 

  •  

    コリントゲーム

    昭和時代

    岡山県立博物館蔵

    ブリキのおもちゃ 昭和時代

    岡山県立博物館蔵

    ランドセル 昭和時代 岡山県立博物館蔵

 

 

  • 岡山の歴史早わかりコーナー
  •  岡山県の歴史について、各分野の文化財を通じて、時代の流れや見どころを分かりやすく紹介しています。

<主な展示作品>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山県指定重要文化財

袈裟襷文銅鐸

弥生時代

岡山県立博物館蔵

一遍上人絵伝(複製)

※原品は国宝

原品:正安元(1299)年

神奈川県

清浄光寺蔵

新製輿地全図

弘化元(1844)年

岡山県立博物館蔵

 

 

 

第4展示室      <出品目録はこちら>

  • 備前刀と幕末の名刀
  •  岡山県を代表する備前刀と幕末の名刀を展示します。

    備前刀については、鎌倉時代から明治時代初頭までの変遷がわかるように展示しています。江戸時代末期に各地で活躍した名工の刀もご紹介しておりますので、特徴の違いなどを比較しながらお楽しみください。
<主な展示作品>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太刀 銘 国宗

鎌倉時代後期

岡山県立博物館蔵

刀 五郎左衛門尉清光

天文16(1547)年

岡山県立博物館蔵

刀 逸見竹貫斎義隆

明治4(1871)年

岡山県立博物館蔵

 

 

  • 備前焼の歴史
  •  

     備前市伊部とその周辺地域で生産されてきた「やきもの」を、私たちは備前焼と呼んでいます。基本的には釉薬を使わないことが、大きな特徴です。その生産は、平安時代のおわりごろにはじまり、現代まで続いています。

     今季は館蔵品を通じて、備前焼の歴史をご紹介します。  

    •  
      <主な展示作品>

 

 

 

 

 

 

 

    • 備前焼 壺

      室町時代

      岡山県立博物館蔵

      備前焼 徳利

      桃山時代

      岡山県立博物館蔵

      備前焼 銚子

      江戸時代

      岡山県立博物館蔵

 

 

ページの上部へ戻る


Get Adobe Reader

ご覧頂くためには、Adobe AcrobatReader 4.0以上が必要です。導入されていない方は右のアイコンをクリックして、Adobe Systemのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。