苦情申出制度

 
苦 情 申 出 制 度



                                                                           

 

 

苦情申出の方法

 

制定の経緯

警察法、 国家公安委員会規則





トップページに戻る







































 

苦情申出の方法




 

 苦情の申出は

 

 

 

  申出者の氏名、住所及び電話番号、連絡先

 

 

  申出者が住所以外の連絡先へ処理の結果の通知を求める場合は、当該連絡先の名称、住所及び電話番号

 

 

  苦情の申出の原因となる職務執行の日時及び場所、当該職務執行に係る警察職員の執務の態様、その他事案の概要

 

 

  苦情申出の原因となる職務執行により申出者が受けた具体的な不利益の内容又は当該職務執行に係る警察職員の執務の態様の対する不満の内容

 

 

 署名又は押印

 

 

 

を記載した文書より行うことができます。


 

 苦情申出書の様式

 

 

  特に定めてはいませんので、上記1〜5の内容が記載されてあれば、苦情申出として受理されます。
  ただし、電子メールやファクシミリでの申出はこの制度による苦情申出書には含まれません

 

 

 文書の送付方法

 

  

  

(1)

 郵送の場合

     

 下記の宛先まで封書等を郵送願います。

 
 【 郵送の宛先 】
    郵便番号 700−8570
      岡山市北区内山下2丁目4番6号 岡山県公安委員会
    

 

 

(2)

 持参の場合

 

 

 

 原則として、勤務時間内に、警察本部総務課公安委員会補佐室、警察本部各所属及び警察署に提出をお願いいたします。

 

 

 苦情申出の手続の詳細

 

 

戻る





















 

 

制定の経緯

 

 警察刷新に関する緊急提言
  平成12年7月に警察刷新会議から緊急提言が国家公安委員会に提出され、警察・公安委員会に対する文書による苦情申出については、公安委員会に集約するシステムを確立し、その処理結果を文書で通知(回答)する制度を創設すべきである旨の提言がなされました。

 

 警察改革要綱の制定
  警察刷新会議による緊急提言を受け、平成12年8月警察庁から警察改革要綱が発出され「文書による苦情申出制度の創設」「苦情処理システムの構築」が推進施策とされました。

 

 警察法の一部改正
  警察改革要綱の制定を受け、平成12年12月に警察法の一部改正が行われ、警察職員の職務執行について苦情のある方は、都道府県公安委員会に対し、文書により苦情の申出をすることができる旨の改正がされました。

 

 国家公安委員会規則の制定
  警察法第79条を受けて、苦情申出の手続きに関する規則が定められました。





戻る

























 

警察法の一部改正
(苦情申出に関する部分)

○ 警察法

 

 

(苦情の申出等)

 

第79条