トップページのロゴ いろいろデータのさいしょのページにもどります。トップページにもどります。

いろいろデータ
たまご / せとおおはし / カレーライス / スポーツ / ウシ /
しりょく
/ むし歯 / タンチョウ / カキ / コンピュータ /
/
としょかん /けんけつ / ゆめ・しごと / しゅみ /

(は)れの国  ももっち・うらっちの絵
岡山県マスコット
ももっち・うらっち

たいようの絵
 みなさんは、岡山県(おかやまけん)が「晴れの国」と呼(よ)ばれているのは知っていますよね。
 晴れの日が多いだけでなく、災害(さいがい)が少ないこと、自然(しぜん)が多いこと、おいしい食べものが多いことなどのイメージを表(あらわ)すために、平成元年(へいせいがんねん)から「晴れの国」と呼ばれるようになりました。

くもの絵 気象庁(きしょうちょう)が10年ごとに発表(はっぴょう)している統計(とうけい)データを見てみましょう。最新(さいしん)は、昭和(しょうわ)56年から平成22年の30年間の平年値(へいねんち)です。

○岡山県は1年間のうち、雨の降(ふ)った量(りょう)が1ミリより少ない日がおよそ277日あり、全国(ぜんこく)1位(い)でした。

雨が降った量は1106ミリで全国で3番目の少なさでした。
かさの絵
太陽(たいよう)が地上をてらした時間は、2031時間で全国で14番目の多さでした。2031時間とはおよそ85日のあいだ、太陽が地上をてらし続(つづ)けたことになります。

 これらの数値(すうち)から、岡山県はダントツではないけれども晴れの日が多いということを表しているので、「晴れの国」と呼ばれるようになったようですよ。

いろいろデータのさいしょのページにもどります。トップページにもどります。