携帯電話(ケータイ)やスマートフォン(スマホ)等の利用により子どもが巻きこまれるかもしれない問題について親子で考えるサイト

ケータイ・スマホ(携帯)の正しい使い方

ケータイ・スマホの利用について話し合う

トップページ > ケータイ・スマホの利用について話し合う > 子どものケータイ・スマホの利用実態

子どものケータイ・スマホの利用実態

子どものケータイ・スマホの利用実態防犯のため、家族と連絡をとるために携帯電話はとても便利かもしれません。

親が思っている「家族と連絡をとるため」だけに子どもがケータイ・スマホを利用するのであれば、問題はありません。

しかしながら、子どもたちがケータイ・スマホに備わった機能をフル活用し、問題に巻き込まれたり、問題を起こしたりするケースが数多く発生しています。保護者がインターネット接続機器であるという認識が低い「携帯型ゲーム機」や「音楽プレーヤー」でも、インターネットに接続したことによって問題が起きています。

お子さんが実際に使用しているケータイ・スマホの機能や利用実態と親が思っている利用方法との相違がないか、親子で話し合ってみてください。

お子さんの成長に合わせて、利用実態は変化していくので、話し合いは定期的に行いましょう。話し合いの頻度は、ケータイ・スマホへの依存は進行が早いため、3ヶ月以内をおすすめします。

↑ PAGE TOP

携帯電話等の利用に関する実態調査資料

下記掲載の(図1)を見ますと、保護者は親との連絡目的のために子どもに携帯電話を持たせていますが、実際に携帯電話を持った子どもたちの多くが、保護者と連絡を取る以外の用途、インターネットに接続することで得られるサービス・機能にケータイ・スマホを使っています。親のケータイ・スマホを持たせる目的と実際の子どもの利用実態は異なる場合が多いのです。

(図1)子どもに携帯電話を持たせた理由
(図1)子どもに携帯電話を持たせた理由
※図1:2012年10月株式会社サーベイリサーチセンター調べ「子供の携帯電話の利用について(第9回)」より

↑ PAGE TOP

岡山県教育庁義務教育課生徒指導推進室が平成26年11月に、岡山県内の小学校4年生から高校3年生までの児童生徒7,745人(抽出率5.5%)を抽出し、行った「平成26年度スマートフォン等の利用に関する実態調査の結果について」によると、

  • 小学生の58.0%
  • 中学生の77.2%
  • 高校生の95.8%

が、ネットやコミュニケーションサービスを利用しており、その利用の実態は(図2)の通りでした。

(図2)ネットやコミュニケーションサービスの利用内容(複数回答)
<ネットやコミュニケーションサービスを利用している児童生徒が回答>
(図2)ネットやコミュニケーションサービスの利用内容(複数回答)<ネットやコミュニケーションサービスを利用している児童生徒が回答>
※図2:2015年2月岡山県教育庁義務教育課生徒指導推進室調べ「平成26年度スマートフォン等の利用に関する実態調査の結果について」より

↑ PAGE TOP

スマホ、ネット、コミュニケーションサービスを利用したことのある児童生徒で、悪口を書かれたり、トラブルにあうなど「嫌な経験をしたことがある」と答えた児童生徒は、

  • 小学生1.692人のうちの8.0%
  • 中学生2,191人のうちの15.9%
  • 高校生1,755人のうちの18.3%

で、実に多くの子どもたちがケータイ・スマホやパソコンで嫌な経験をしています。

嫌な経験の内容は図3のように、コミュニケーショントラブルが多くを占めています。

(図3)経験した嫌なことの内容(複数回答)
<「嫌な経験をしたことがある」という児童生徒が回答>
(図3)経験した嫌なことの内容(複数回答)<「嫌な経験をしたことがある」という児童生徒が回答>
※図3:2015年2月岡山県教育庁義務教育課生徒指導推進室調べ「平成26年度スマートフォン等の利用に関する実態調査の結果について」より

↑ PAGE TOP

また、ネットやコミュニケーションサービスを利用することで、「悩みや負担を感じることがある」と答えた割合は、

  • 小学生1,698人のうちの9.4%
  • 中学生2,203人のうちの17.1%
  • 高校生1,762人のうちの21.7%

でした。悩みや負担の具体的な内容として

  • 「友だちとのやりとりをなかなか終わらせられない」(38.1%)
  • 「自分の書き込みがあれでよかったかと後で悩む」(37.6%)
  • 「メッセージを読んだことがわかる機能(既読チェック)があること」(32.9%)

などが子どもたちからあげられました。

あなたのお子さんは、ケータイ・スマホやパソコンの利用で嫌な経験をしてはいませんか。

お問い合わせ先

岡山県県民生活部 
情報政策課 情報化推進班
〒700-8570 
岡山県岡山市北区内山下2-4-6
TEL:086-226-7264 
FAX:086-235-9737

サイト監修

筒井愛知
(TSUTSUI Yoshitomo)
就実大学人文学部 非常勤講師

↑ PAGE TOP