岡山県警察 採用情報 ~OKAYAMA POLICE RECRUITMENT INFORMATION~

HOME > 警察学校 > 先輩の声

先輩の声

志望動機

写真:福島巡査  
   

 子どもの頃から警察官に憧れていたため、就職先を決めるとき、迷わず県民の安全・安心を守ることのできる警察官を志望しました。

学校生活の感想

 警察学校の教官から厳しい指導を受けたときは、落ち込みそうになりますが、警察学校で学ぶことは、一人前の警察官になるために必要なことばかりなので、「早く一人前の警察官になるぞ。」という思いで乗り切っています。また、同期と励まし合いながら様々な課題を克服していくことで、協調性の大切さや達成感を実感することができますし、同期との絆が一層深まります。

 

後輩へのメッセージ

写真:福島巡査  
   

 警察学校は厳しいところですが、「岡山県の安全・安心を守るため、早く一人前の警察官になるぞ。」という強い思いがあれば必ず乗り越えられます。私のように、子どもの頃、警察官に憧れていた方もいると思います。ぜひその憧れを岡山県警察で実現させてみませんか。

 

 

 

 

志望動機

写真:富塚巡査  
   

 交通事故によって突然に命を奪われてしまう人をなくしたいという思いから、警察官を目指しました。

学校生活の感想

 警察学校に入校する前は、「教官は怖く、近寄りがたそう。」と想像していましたが、実際に接してみると、意外にも普段は面白く、優しい方ばかりでした。厳しく指導されることもありますが、言葉の裏には、いつも温かさを感じます。まるで両親のような存在です。立派な警察官になるためには、「県民を守りたい。」という強い思いを持ち、課題を根気よく最後までやり遂げることが大切です。厳しい訓練も同期の仲間が支えてくれるので、警察学校での生活に不安を抱く必要はありませんよ。

 

後輩へのメッセージ

写真:富塚巡査  
   

 警察学校での生活は苦しいことばかりではなく、楽しいこともたくさんあります。また、同期生と励まし合い、切磋琢磨することで苦しい壁も乗り越えることができます。皆さんが抱いている「警察官になりたい!」という気持ちを大切にし、努力を重ねて、夢をつかんでください。