岡山県警察 採用情報 ~OKAYAMA POLICE RECRUITMENT INFORMATION~

機動隊 巡査長 平成26年4月拝命

 私が勤務する機動隊の任務は、大規模災害や水難事故、テロ事件などが発生した際に、いち早く現場に駆け付け、救助活動や治安維持に当たることです。また、国内外の要人警護などの仕事も行っています。与えられた任務を完遂するためには、どんなに困難な状況でも迅速、かつ、的確に対応できるようになることが大切ですから、普段から訓練を積み、様々な知識、体力を身に付けています。

救助の現場で、かけがえのない命を救いたい

写真:勤務風景  
   

 機動隊員は、治安を維持し、県民の生命や財産を守るため、有事の際には現場の最前線で活動します。そのため、体力はもちろん、様々な技術、知識が必要とされるので、訓練もおのずと厳しいものになります。しかし、厳しい訓練を乗り越えることで、先輩、同僚との絆ができ、その絆があるからこそ、どんなに厳しい現場でも、一致団結して任務を完遂することができます。

 地震や台風などの自然災害が発生した際は、すぐに現場に向かい救助活動を行いますが、それは、まさに私が求めていた「人のために役立つ」仕事であり、強いやりがいを感じます。

 機動隊に入って2年目の新入隊員の私も、災害現場で救助活動をしているときに、被災者の方などから感謝の言葉を掛けていただくことがあります。そのときは、うれしく感じるとともに、更に経験を積み、もっと立派な警察官になりたいと思います。

なぜ、岡山県警へ

写真:勤務風景  
   

 私は、岡山の高校を卒業後、県外の大学に通っていました。就職活動の際、これまで続けてきた剣道で培った精神力や体力を生かして人の役に立てる職業に就きたいと考えました。警察官という仕事は、生まれ育った岡山の安全・安心を守ることで、岡山に恩返しができると思い、岡山県警察を受験しました。

チャレンジしたいこと

写真:勤務風景  
   

 私は、機動隊勤務となって2年目であり、まだまだ身に付けなければならない知識、技能が多くあります。災害現場での活動は、人命に関わる仕事が多いため、どんなに困難な現場であっても、失敗は許されません。緊迫した状況の中でも、常に県民の期待に応えられるよう、今後も訓練に励み、仕事に必要な資格の取得などにも積極的に挑戦したいと思います。

警察官志望者へのメッセージ

写真:巡査長  
   

 警察官は、本当にやりがいのある仕事だと思います。時には、厳しい、苦しいと思うことがあるかもしれませんが、その経験があるからこそ、困難な現場でも迅速・的確な活動ができるのです。仕事をやり遂げたときには、ほかの仕事では味わうことのできない達成感を感じることができます。少しでも警察官という仕事に興味がある方は、ぜひ、交番などで警察官から直接、話を聞いてみてください。県民の安全・安心を守ることができるこの仕事のやりがいを実感できるはずです。皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。