岡山県警察 採用情報 ~OKAYAMA POLICE RECRUITMENT INFORMATION~

警察署 地域課 巡査長 平成27年4月拝命

 私は、警察署の地域課で交番勤務をしています。交番では、犯罪被害の届出の受理、落とし物の取扱い、道案内などのほか、パトロールや各家庭を訪問する巡回連絡など、地域住民に密着した活動を通じて地域の安全・安心を守っています。
 また、事件や事故が起きたときには一番に現場に駆けつけ、被害者の方からの事情聴取などの捜査をすることも重要な仕事です。

子どもたちに夢を与えられるような警察官を目指して

写真:勤務風景  
   

 防犯の相談のため、交番を訪れた方に「ありがとう。」とお礼を言ってもらったり、パトロール中に「いつもご苦労さま。」と声を掛けてもらったりしたときには、地域の方に頼りにされていることを実感し、「この仕事をして良かった。」と感じます。子どもたちも、私の姿を見ると笑顔で敬礼してくれることもあります。幼い頃、交番のお巡りさんやパトカー、白バイに憧れていた方もいると思いますが、いつの時代も警察官は子どもたちにとってのヒーローです。私も、子どもたちに夢を与えられるような警察官になりたいと思っています。

 また、深夜のパトロールなど、大変なことも多い仕事ですが、事件を解決できたときや犯罪を未然に防ぐことができたときには、安全・安心な街づくりに貢献できていると実感し、大きな達成感を得ることができます。

なぜ、岡山県警へ

写真:勤務風景  
   

 県民のために悪に立ち向かう強い警察官に憧れを抱いていたこととのほか、生まれ育った岡山を更に住みやすい街にしたいという思いを実現できると考え、志望しました。

チャレンジしたいこと

写真:勤務風景  
   

 鑑識の仕事に携わりたいと思っています。鑑識係の先輩と犯罪現場に行った際、一見手がかりが残されていないような事件現場から、指紋や足跡、DNA資料などの犯人が残した僅かな証拠を探し出し、多くの事件を解決に導いている先輩の姿を見て、鑑識の仕事に興味を抱くようになりました。 様々な事件現場で経験を積み、どんな小さな証拠も見逃さない鑑識のスペシャリストになることが私の目標です。

警察官志望者へのメッセージ

写真:巡査  
   

 警察官は身をていして、危険な場面に立ち向かわなければならないときもありますし、深夜の呼び出しなど、私生活を犠牲にしなければならないこともあります。しかし、家族や友人などの大切な人が住む街の安全・安心を守るという警察官の仕事は、他では味わえないやりがいを感じることができる素晴らしいものです。

 皆さんも私たちと一緒に岡山県の安全・安心を守りませんか。