岡山県警察 採用情報 ~OKAYAMA POLICE RECRUITMENT INFORMATION~

HOME > 岡山県警察を知ろう > 先輩に聞こう > 生活安全警察
警察官 生活安全課 巡査長 平成23年4月拝命

 私は、警察署の生活安全課で少年が被害者となる事件の捜査を担当しており、犯人の取調べや裏付け捜査などを行っています。また、事件捜査のほか、子どもたちが犯罪の被害に遭ったり、犯罪に手を染めることがないよう、学校で「非行防止教室」を開催するなど、非行少年を生まないための社会づくりにも取り組んでいます。

非行少年を生まない社会づくりに取り組む

写真:勤務風景  
   

 女性や子どもが被害者となる事件について、被害者からの事情聴取や、現場周辺の聞き込み捜査等により、犯人を特定しています。犯人を逮捕したことを被害者やその家族に報告し、「ありがとうございました。」という感謝の言葉を頂いたときには、この仕事をやっていて本当に良かったと感じます。

 また、少年警察ボランティアの方々と一緒に非行防止の呼び掛けなどをする際に、県民の方々から「頑張ってください。」と激励の言葉を掛けていただいたときには、この仕事に対する誇りや使命感を強く感じます。

 今後も、未来ある子どもたちを守るという誇り高い任務を果たしていきたいと思います。

なぜ、岡山県警へ

写真:勤務風景  
   

 私は県外出身ですが、大学での4年間を岡山で過ごしました。学生生活を送る中で、岡山の方に支えられたり、助けていただいたりすることが何度もあったので、お世話になった岡山の方々に恩返しができる仕事に就きたいと考えるようになりました。そして、「県民の役に立てる仕事の中でも、困っている人を直接救えるのは警察官だけだ。」と考え、志望しました。

将来なりたい警察官像

 交番勤務をしていた頃、現場の状況を的確に判断して後輩の我々に指示を与え、事件を解決する先輩警察官の姿をとても頼もしく感じました。私も、様々な経験を積み、「強さ」と「優しさ」を兼ね備えた頼もしい警察官になりたいです。

警察官志望者へのメッセージ

写真:巡査部長  
   

 警察に寄せられる要望は様々ですから、全てに的確に対応していくことは簡単なことではありませんが、上司や先輩に助けてもらいながら、ひとつずつ解決しています。子どもたちからお礼の手紙をもらったとき、未来ある子どもたちを犯罪から守る大切な仕事をしていることを実感しました。県民のために働きたいという方は一緒に頑張りましょう。