がんに関する知識

がんに関する知識

がん検診

岡山県では、悪性新生物(がん)による死亡は年々増加し、昭和57年以降 死亡原因の第一位であり、がん対策は県民の生命と健康を考える上で 大きな課題です。
がん検診は、がんの早期発見・早期治療のために行われるもので、 がん対策として極めて重要です。
詳しくはこちらをご覧ください。

がん検診イラスト
がんの早期発見・早期治療のための体制作りとして「がん検診の受診率」、「がん検診の質」の2項目に着目し、取り組みます。
  • がん検診を受診しやすい体制の整備に努めます。
  • 検診データの収集・分析・情報の還元により、検診精度の向上を図るとともに、各がんの精密検診機関の登録・管理を適正に行うなど、効果的な検診が行われる体制の整備を進めます。
がん検診イメージキャラクター
岡山県では、検診の初回受診者の増加と受診率の向上のため、関係機関・関係団体と連携して普及啓発活動を実施しています。
詳しくは下記リーフレットをご覧ください。
「ピンクリボン」の輪を広げましょう。
「ピンクリボン」は乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボルマークです。
「ピンクリボン」関連情報
市町村では、胃がん、子宮がん、肺がん、乳がん、大腸がん等の検診を実施しています。
がん検診の内容、日程、料金などはお住まいの市町村のがん検診担当窓口へ お尋ねください。
区分 胃がん 肺がん 大腸がん 子宮がん 乳がん
対象 50歳以上※1 40歳以上 40歳以上 20歳以上の女性 40歳以上の女性
実施
回数
2回/年※1 1回/年 1回/年 1回/2年 1回/年※3
検診
項目
・問診
・胃部エックス線検査又は胃内視鏡検査
・問診
・胸部エックス線
 検査
・喀啖※2
・問診
・便潜血
・問診
・視診
・細胞診
・内診
・問診
・乳房エックス線検査+視触診
※1 40歳以上の人を対象に年1回、胃部エックス線検査を実施する市町村もあります。
※2 問診により対象とされた者
※3 やむを得ない場合は1回/2年
がん検診ロゴマーク
※このページに関するお問い合わせについては、以下の担当課へご連絡ください。

岡山県保健福祉部  健康推進課(健康づくり班) 電話:086-226-7328
   
Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
▲このページのトップに戻る
copyright(c) 2010 Okayama Prefecture. All rights reserved.