岡山がんサポート情報トップ > 岡山県の取り組み
岡山県の取り組み

岡山県の取り組み

がん対策に関する岡山県の取り組みを紹介しています。

  • 岡山県がん対策推進条例

    • がん対策を総合的かつ計画的に推進し、県民の健康で心豊かな生活の実現に寄与することを目的とした「岡山県がん対策推進条例」が、県議会の議員発議により制定されました。
  • 第2次岡山県がん対策推進計画

    • 岡山県では、がん対策基本法(平成18年法律第98号)に基づき「第2次岡山県がん対策推進計画」(平成25~29年度)を策定し、がんによる死亡の減少、全てのがん患者とその家族の苦痛の軽減並びに療養生活の質(QOL)の維持向上、がんになっても安心して暮らせる社会の構築を目指して、がん対策の推進に取り組んでいます。
  • 健康おかやま21協賛事業

    • 岡山県では、関係機関・団体と県民が連携してがん対策に取り組むため、地域で活動する各種団体や学校・企業・市町村等が健康づくりの目的に沿って実施する事業を『健康おかやま21協賛事業(がん対策協賛事業)』と認定しています。
  • たばこ対策に関する情報

    • 岡山県では、喫煙の及ぼす健康影響についての普及啓発、受動喫煙防止対策、未成年者の喫煙防止に重点をおいた健康教育を推進しています。
  • たばこクイットライン(電話禁煙相談窓口)

    • たばこをやめたい人への禁煙に向けたアドバイスや、禁煙外来を行っている医療機関の情報提供等を行う「たばこクイットライン(電話禁煙相談窓口)」を津山中央病院が開設しています。
      禁煙をお考えの方は、是非ご利用ください。
  • 肝炎対策

    • 岡山県では、ウイルス性肝炎の早期発見・早期治療ををすすめ、将来の肝硬変や肝がんの予防などを図ることを目的として、B型・C型肝炎の無料スクリーニング検査や肝炎医療費の助成などの肝炎対策に取り組んでいます。
  • 普及啓発活動

    • 岡山県では、「第2次岡山県がん対策推進計画」において、胃がん、肺がん、大腸がん、子宮がん及び乳がん検診の受診率(市町村、医療保険者及び全額自己負担分を含む)をいずれも平成29年度までに50%以上とすることを目指しています。
      また、乳がん検診、子宮がん検診については、女性に特化した啓発、受診勧奨を展開するとともに、受診しやすい体制の整備を進めています。他のがんにおいても関係機関と連携を図り、より積極的な受診勧奨を行います。
※このページに関するお問い合わせについては、以下の担当課へご連絡ください。

岡山県保健福祉部  医療推進課(疾病対策推進班) 電話:086-226-7321
健康推進課(健康づくり班) 電話:086-226-7328
Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
▲このページのトップに戻る
copyright(c) 2010 Okayama Prefecture. All rights reserved.