岡山県土木部防災砂防課


土砂災害危険箇所

岡山県には、土砂災害危険箇所(砂防課所管分)が、土石流、地すべり、急傾斜地あわせて11,999箇所あります。これは全国で20番目に多い数です。
土砂災害を未然に防ぐためには、まず「自分の身は自分で守る」という心構えが大切です。
日頃から、自分の身のまわりのどこにどのような危険箇所があるのか、またいざという時に備えて、避難場所や避難経路を確かめておきましょう。

○土石流危険渓流

土石流が発生する危険性があり,人家や公共施設に被害を及ぼすおそれのある渓流

○地すべり危険箇所

地すべりが発生もしくは発生する可能性のある箇所のうち、人家や公共施設等に被害を及ぼすおそれのある箇所

○急傾斜地崩壊危険箇所

がけの傾斜度が30度以上、高さが5m以上で、がけ崩れによって人家や公共施設に被害を及ぼすおそれのある箇所

□ 土砂災害危険箇所図

土砂災害から身を守るためには、県民のみなさんの「日頃の備え」と「早めの避難」が重要です。
県民のみなさんの身近にある「土砂災害による被害の恐れのある箇所」をお知らせし、土砂災害への備えや警戒・避難に役立てていただくことを目的として「土砂災害危険箇所図」を作成しています。

注)土砂災害危険箇所図について

・土砂災害による被害の恐れのある箇所は,一定の決まりにしたがって調査し線引きしたものですから,この範囲をこえて被害が発生する場合もあります。逆に土砂災害が発生した場合でも,必ずこの範囲全てに被害がおよぶとは限りません。
また,ここで図示した箇所以外でも,土砂災害は発生する場合もあります。

・土砂災害危険箇所図は,土砂災害による被害の恐れのある箇所を示した図です。土砂災害の発生や被害の範囲について証明するものではありません。
・土砂災害危険箇所図は,土砂災害の発生や被害の範囲について証明するものではありません。

・岡山県は,土砂災害危険箇所図の利用によって発生する直接又は間接の損失,損害について,一切の責任を負いません。
・土砂災害危険箇所図は2万5千分の1地形図の精度で作成したもので、詳細地図及び航空写真では、位置がずれることがあります。
・土砂災害危険箇所に関する情報は,平成15年4月1日現在のものです。


□ 土砂災害危険箇所数

                土石流危険渓流・地すべり危険箇所・急傾斜地崩壊危険箇所一覧表

 

土石流
危険渓流

地すべり
危険箇所

急傾斜地崩壊
危険箇所

合  計

 岡山市

       474

3

573

1,050

 倉敷市

217

2

343

562

 津山市

374

10

205

589

 玉野市

240

2

119

361

 笠岡市

276

170

446

 井原市

189

11

348

548

 総社市

206

2

178

386

 高梁市

459

61

593

1,113

 新見市

518

32

428

978

 備前市

319

191

510

 瀬戸内市

31

87

118

 赤磐市

319

3

156

478

 真庭市

796

24

497

1,317

 美作市

528

10

290

828

 建部町

117

5

84

206

 瀬戸町

64

2

40

106

 佐伯町

45

38

83

 和気町

90

66

156

 早島町

9

9

 金光町

14

21

35

 鴨方町

58

29

87

 寄島町

20

23

43

 里庄町

9

8

17

 矢掛町

166

85

251

 新庄村

38

30

68

 鏡野町

335

4

167

506

 勝央町

13

4

20

37

 奈義町

42

2

22

66

 西粟倉村

77

22

99

 久米南町

67

4

29

100

 美咲町

207

7

316

530

吉備中央町

133

10

173

316

県 計

6,441

198

5,360

11,999

 

15年公表

10年公表

15年公表

 


問い合わせ先
岡山県土木部防災砂防課 TEL(086)226-7482

◆岡山県ホームページへ