□『土砂災害防止法』とは



土砂災害から国民の生命を守るため、土砂災害のおそれのある区域についての危険の周知、警戒避難体制の整備、住宅等の新規立地の抑制、既存住宅の移転促進等のソフト対策を推進しようとするものです。

対象となる土砂災害
基礎調査の実施
警戒区域の指定
指定区域の種別

土砂災害警戒区域

土砂災害警戒区域・・・・・・・土砂災害のおそれがある区域

土砂災害特別警戒区域・・・土砂災害警戒区域のうち、建築物に損壊が生じ、住民に著しい危険が生じるおそれがある区域
土砂災害警戒区域では
警戒避難体制の整備 警戒避難体制の整備

土砂災害から生命を守るため、災害情報の伝達や避難が早くできるように警戒避難体制の整備が図られます。(市町村)
土砂災害特別防止区域では
特定開発行為に対する許可制 特定の開発行為に対する許可制

住宅宅地分譲や災害時要援護者関連施設の建築のための開発行為は、基準に従ったものに限って許可されます。
建築物の構造規制 建築物の構造規制

居室を有する建築物の建築等に着手する前には、作用すると想定される衝撃に対して建築物の構造が安全であるかどうか建築確認が必要となります。(都市計画区域外も対象、建築主事を置く地方公共団体)
建物等の移転 建物等の移転

土砂災害が発生した場合に著しい損壊が生じるおそれのある建築物の所有者等に対し、移転等の勧告が行われることがあります。なお、移転される方には、融資や資金の確保などの支援措置があります。


□ 岡山県の方針                                                                

 岡山県では、平成13年度からこの法律に基づき、土砂災害危険箇所の基礎調査を実施し、土砂災害のおそれがあると認められた箇所について、順次「土砂災害警戒区域(イエローゾーン)」「土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)」を指定する予定で、土砂災害防止対策工事と併せて土砂災害の未然防止に努めることにしています。


 リンク:土砂災害危険箇所とは

 リンク:岡山県土砂災害警戒区域等指定検討委員会のページ



問い合わせ先
岡山県土木部防災砂防課 TEL(086)226-7482

◆岡山県ホームページへ
◆防災砂防課ホームページへ