岡山と世界を結ぶ -国際交流の今-

 岡山県ではこれまで、中国・江西省、オーストラリア・南オーストラリア州、インド・マハーラーシュトラ州のプーネ市およびピンプリ・チンチワッド市と友好交流協定を締結し、さまざまな交流事業を進めてきました。
 また、昨年10月には、韓国・慶尚南道(キョンサンナムド)と新たに友好交流協定を締結するなど、岡山と世界を結ぶ新たな「きずな」が生まれました。
 これからも県民の皆さんや市町村、民間団体などと連携・協働して、文化・教育・経済などの幅広い分野で実りある交流を展開し、世界に開かれた岡山県づくりを進めていきます。

進む、岡山県の国際交流 新たな「きずな」が結ばれました

韓国・慶尚南道と友好交流協定を締結

 昨年10月17日、韓国・慶尚南道から、金台鎬(キム テホ)知事をはじめとする訪問団17人を岡山県にお迎えし、友好交流協定を締結しました。今後は協定に基づき、文化や教育、経済などの幅広い分野で交流を深めていきます。
人口:約316万人 面積:約10,520ku 道都:昌原市
人口 約316万人
面積 約10,520km2
道都 昌原(チャンウォン)
友好交流協定を締結
慶尚南道は、韓国最高の寺院といわれる「海印寺(ヘインサ)」や「通度寺(トンドサ)」など多くの歴史遺産があり、豊かな農水産物の産地であるとともに、自動車・造船などの産業が集積しており、岡山県との共通点がたくさんあります。
 また、朝鮮通信使の往来など歴史的なつながりも深く、古くから活発な交流が行われてきました。
慶尚南道から中学・高校生訪問団が来県

慶尚南道から中学・高校生訪問団が来県

 昨年10月下旬、韓国・慶尚南道との友好交流協定締結後、初めての交流事業として、慶尚南道からの中学・高校生訪問団総勢22人が来県。岡山県の高校・大学生との意見交換会や交流会などを通じて、相互理解を深めました。

岡山県の友好提携地域をご紹介します

中国 江西省 平成4年6月協定締結

 稲作や茶の栽培など農業が盛んで、非鉄金属資源にも恵まれています。また、世界的に有名な陶磁器の産地「景徳鎮(けいとくちん)」や中国有数の景勝地「廬山(ろざん)」があります。
廬山
廬  山
人口 約4,300万人
面積 約17万km2
省都 南昌市
中国 江西省

オーストラリア 南オーストラリア州 平成5年5月協定締結

 温暖な気候と豊富な天然資源に恵まれ、農畜産物や良質のワインが生産されています。音楽祭や映画祭、ワイン祭など、年間200以上のフェスティバルが開催されることでも有名です。
アデレ−ド市
アデレ−ド市
人口 約150万人
面積 約98万km2
州都 アデレ−ド市

オーストラリア 南オーストラリア州

インド プーネ市とピンプリ・チンチワッド市 平成18年1月協定締結

 プーネ市は、マハーラーシュトラ州の州都であるムンバイに次ぐ、第2の都市です。インドでも屈指の教育・工業都市で、日本への関心が高く、多くの学生が日本語を学んでいます。

 プーネ市に隣接するピンプリ・チンチワッド市は、工業都市としての発展が著しく、化学・ゴム・製薬・自動車などの工場が数多く存在しています。
プーネ市
人口 約300万人
面積 約430km2
ピンプリ・チンチワッド市
人口 約100万人
面積 約170km2
プーネ市とピンプリ・チンチワッド市

岡山後楽園をモデルにした「プーネ岡山友好公園」

 プーネ市には、岡山後楽園をモデルにした日本庭園「プーネ岡山友好公園」があります。この公園は平成18年1月に完成し、週末になると多くの入園者でにぎわい、市民の皆さんに憩いの場として親しまれています。
 また、公園管理技術向上のため、岡山県からの技術者派遣や、プーネ市からの研修生受け入れを行っており、公園を通じた交流が行われています。
オーストラリア 南オーストラリア州
お問い合わせ
 岡山県国際課 TEL 086-226-7283
TOPへ