現在のサイト位置: トップページ  > 検索一覧  > 県議会詳細

県議会の仕事

県議会の役目

  •  県議会は、住民の代表機関であり、県政における最終的な意思決定機関です。条例の制定・改正・廃止、予算の決定、決算の認定などが主な仕事です。また、県の仕事を調査し、行政に対するチェック機能を果たすとともに、県民の要望や意見を県政に反映させる大きな役割があります。

    県議会の権限
    ●議決権
     条例を定める、改める、廃止する。予算を決める。決算を認める。重要な契約を結ぶ。
    ●同意権
     副知事などの選任に同意する。
    ●事務調査権
     県の仕事が正しく行われているかどうか調査する。
    ●意見書の提出権  
     県民のためになることについて、国などに意見書を提出する。
    ●請願受理権
     県民から出された請願・陳情を審査して、県政に反映させる。
    ●政策立案と提言
     議会自ら条例などを発案したり、予算審議を初めとして県に対して提言する。