していくぶん
(指定区分)
国指定史跡
特別史跡
■指定区分について
文化財ってなんだろう?
ぶんかざいめい
(文化財名)
旧閑谷学校 附椿山、石門、津田永忠宅跡および黄葉亭
よみかた きゅうしずたにがっこう つけたりつばきやま せきもん つだながただたくあとおよびこうようてい
しょざいち
(所在地)
備前市閑谷
地図表示
していしたひ
(指定した日)
昭和29年03月20日
せつめい 江戸時代(えどじだい)のはじめごろに岡山の殿(との)さま池田光政(いけだみつまさ)が、日本ではじめての庶民(しょみん)のための学校として造(つく)ったものです。現在(げんざい)の規模(きぼ)になるまで32年かかりました。学校は自(みずか)ら経営(けいえい)できるように田んぼをつくってお金をかせぐなどの工夫(くふう)もされていました。
ももっち