▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • 絹本著色釈迦三尊像
指定区分 県指定重要文化財(絵画)
読みかた けんぽんちゃくしょくしゃかさんそんぞう
所在地 高梁市川上町高山 浄明寺
指定年月日 平成8年04月02日
解説 縦108cm、横64cm。釈迦如来を中心に、右側に合掌姿の文殊菩薩、左側に蓮華を執る普賢菩薩が描かれている。各尊の控えめで穏やかな表情と繊細な配色が調和し、格調高い作品となっている。衣装は禅宗風だが、台座は古典様式に即したものである。多少の補筆はあるものの、南北朝時代の作として貴重なものと言える。
アクセス方法
公開状況 非公開(県立博物館保管)
設備
    備考

    ピクトグラムアイコンについての説明
    駐車場
    トイレ
    障害者用トイレ
    障害者用駐車場
    気象庁のホームページへ