▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • 絹本著色開山別峰国師頂相
指定区分 県指定重要文化財(絵画)
読みかた けんぽんちゃくしょくかいざんべっぽうこくしちんぞう
所在地 岡山市北区庭瀬 松林寺
地図表示
指定年月日 昭和34年03月27日
解説 縦94.5cm、横56.5cm。高僧として知られる別峰大殊は諸国を歴遊し、備前に松林寺を開いた。正面から描かれた頂相(ちんぞう)は珍しいが、悟りの境地に至った者のもつ穏やかさと厳しさが表現され、師の容貌をうかがい知ることができる。室町時代の作と考えられる。
アクセス方法 JR岡山駅から徒歩約25分/路面電車「城下」下車徒歩約10分/岡電バス「後楽園前」下車すぐ
公開状況 岡山県立博物館にて展示 〔問い合わせ先〕086-272-1149
ホームページ
設備 駐車場は岡山後楽園駐車場を利用。
  • 駐車場
  • トイレ
  • 障害者用駐車場
備考

ピクトグラムアイコンについての説明
駐車場
トイレ
障害者用トイレ
障害者用駐車場
気象庁のホームページへ