▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • 高麗版一切経
指定区分 県指定重要文化財(書跡・典籍)
読みかた こうらいばんいっさいきょう
所在地 岡山市北区吉備津 吉備津神社
指定年月日 昭和34年03月27日
解説 朝鮮の高麗時代の版本の経典。縦40cm、横30cm。吉備津神社の社伝によると、文禄の役に際して小西行長と坂田丹波守が持ち帰り、同社に奉納したと言われる。坂田氏は備中西阿知(現、倉敷市)の豪商で、海外貿易に従事していたと考えられる。桃山時代、備中の海辺の人々が、遠く海外で活躍したという有力な資料でもある。
アクセス方法
公開状況
設備
    備考

    ピクトグラムアイコンについての説明
    駐車場
    トイレ
    障害者用トイレ
    障害者用駐車場
    気象庁のホームページへ