▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • 太刀 無銘一文字(山鳥毛)
指定区分 国指定重要文化財(工芸品)
国宝
読みかた たち むめいいちもんじ(さんちょうもう)
所在地 倉敷市 
指定年月日 昭和27年03月29日
解説 刃長71.2cm、反り2.7cm。鎌倉時代中期に、備前の福岡一文字派が制作した。日光一文字と並ぶ作で、備前一文字派盛期の作風と力を存分に発揮した太刀である。刃文が最も大規模に乱れて刃中の変化に富んだ作である。号は、一説にその刃文が山鳥の羽毛に似ているからというが、他にも説があって明らかでない。上杉謙信および景勝の愛刀として上杉家に伝来したもの。
アクセス方法 JR岡山駅から徒歩約25分/路面電車「城下」下車徒歩約10分/岡電バス「後楽園前」下車すぐ
公開状況 岡山県立博物館保管
ホームページ
設備
    備考

    ピクトグラムアイコンについての説明
    駐車場
    トイレ
    障害者用トイレ
    障害者用駐車場
    気象庁のホームページへ