▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • 継獅子など18種類の舞を舞う美作東部を代表する獅子舞
  • 天曵神社宮原獅子舞
指定区分 県指定重要無形民俗文化財
読みかた あまびきじんじゃみやはらししまい
所在地 美作市宮原(天曵神社)
地図表示
指定年月日 昭和61年04月04日
解説 天曳神社の秋祭りで、宮原地区から秋祭りに奉納される獅子舞。神楽や継獅子、祇園囃子など18種類の舞いを伝えており、囃子・奴・お多福が登場して獅子をあしらう。300年前に播州赤穂から伝えられたといわれ、獅子舞の盛んな美作東部のうちでも代表的な獅子舞である。
アクセス方法 JR美作江見駅から車で15分
公開状況 10月第2土曜日(宵宮:PM7時~)、日曜日(本宮:PM12:30~)
設備 獅子舞伝承館の駐車場を利用
  • 駐車場
  • トイレ
備考

ピクトグラムアイコンについての説明
駐車場
トイレ
障害者用トイレ
障害者用駐車場
気象庁のホームページへ