▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • 盆踊りの原型とみられる単純素朴な踊り
  • 吉念仏踊(法福寺)
指定区分 県指定重要無形民俗文化財
読みかた よしねんぶつおどり(ほうふくじ)
所在地 真庭市吉
指定年月日 昭和36年07月25日
解説 8月16日夜に、法福寺本堂の前で行われる単純素朴な踊り。念仏講中の男性で構成される音頭取り、鉦、羯鼓、サイハラ役が、檀家総代が読み上げる供養の唱えごとに踊りを繰り返す。サイハラは長さ1間丸棒の両端に紙を房状に結びつけたもので、かけ声にあわせて2人が打ち合う動作を繰り返す。念仏踊りの様子を伝える貴重なものである。
アクセス方法 JR美作落合駅から約9.6km
公開状況 8月16日、法福寺本堂
設備
    備考

    ピクトグラムアイコンについての説明
    駐車場
    トイレ
    障害者用トイレ
    障害者用駐車場
    気象庁のホームページへ