▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • 志呂神社御供
指定区分 県指定重要無形民俗文化財
読みかた しろじんじゃごくう
所在地 岡山市北区建部町下神目
地図表示
指定年月日 昭和32年05月13日
解説 志呂神社の秋祭りに久米南町京尾地区の氏子から供献される神饌行事で「京尾御供」(きょうのおごくう)とも呼ばれる。米の粉で作る男女の陰陽を模した「フト」「マガリ」と、貨幣をかたどった餅で作る「丁銀」の三種の神饌を奉納する。御供の製法と形態は今も厳重に守られ、京尾から唐櫃(からびつ)に入れて運ばれる。同時に神輿の御神幸や棒遣い、神楽が祭りを盛り上げる。
アクセス方法 JR福渡駅から車で5分
公開状況 開催日:10月20日(午前10時~)
設備 【P】普通車100台
  • 駐車場
  • トイレ
備考

ピクトグラムアイコンについての説明
駐車場
トイレ
障害者用トイレ
障害者用駐車場
気象庁のホームページへ