▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • 美作地域の代表的な中世山城跡
  • 岩屋城跡
指定区分 県指定史跡
読みかた いわやじょうあと
所在地 津山市中北上
地図表示
指定年月日 昭和62年04月03日
解説 嘉吉元年(1441)に山名教清が築城したもので、天正12年(1584)には宇喜多氏による城攻めを防いだことでも知られる。その後天正18年(1590)に焼失し、廃城となった。山頂の本丸を中心に二の丸跡、三の丸跡をはじめ中世山城の遺構がよく保存されている。山腹には巨大な畝状竪堀群が設けられている。また、廃城とほぼ同時に廃寺となったと伝えられている慈悲門寺跡もある。
アクセス方法 JR坪井駅から車10分
公開状況 自由
設備
  • 駐車場
備考

ピクトグラムアイコンについての説明
駐車場
トイレ
障害者用トイレ
障害者用駐車場
気象庁のホームページへ