▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • 第29代内閣総理大臣 犬養毅の生家地
  • 犬養家旧宅
指定区分 県指定史跡
読みかた いぬかいけきゅうたく
所在地 岡山市北区川入
地図表示
指定年月日 昭和52年04月08日
解説 第29代内閣総理大臣であり、五・一五事件で「話せばわかる」の言葉を残して青年将校の凶弾に倒れた犬養毅の生家。犬養家は代々、庭瀬藩の庄屋を務めていた。国重要文化財に指定されている主屋は、江戸時代中期の大庄屋の屋敷構えを伝える建物である。
アクセス方法 岡電バス・両備バス・中鉄バス「庭瀬本町」から徒歩12分 / JR庭瀬駅から車で5分
公開状況 【犬養木堂記念館】入館9:00~16:30 / 無料 / 休館:火曜、祝日の翌日(土日は除く)、年末年始
ホームページ
設備
  • トイレ
備考

ピクトグラムアイコンについての説明
駐車場
トイレ
障害者用トイレ
障害者用駐車場
気象庁のホームページへ