▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • 芸能性の高い荒神神楽
  • 備中神楽
指定区分 国指定重要無形民俗文化財
読みかた びっちゅうかぐら
所在地 その他(備中地方)
指定年月日 昭和54年02月03日
解説 備中地方(岡山県西部)一帯に伝承されている神楽。元来は荒神に奉納する神楽として神事中心の「荒神神楽」が行われ、神職のみが行っていた。江戸時代後期の神宮で国学者の西林国橋(こっきょう)が、記紀の神話をもとに、「天の岩戸開き」「国譲り」「大蛇退治」を加え、芸能的要素の強い「神代神楽(じんだいかぐら)」を創造し、人気を得て広く伝承されることとなった。
アクセス方法 JR高梁駅より車で10分
公開状況 【日名交流館かぐら】「国橋祭り大神楽大会」を毎年4月の最終日曜日に実施 / 【成羽文化センターかぐら館】「子供神楽発表会」を年2回(冬・夏)実施
設備
  • 駐車場
  • トイレ
備考 【問い合わせ先】高梁市教育委員会 0866-42-9083

ピクトグラムアイコンについての説明
駐車場
トイレ
障害者用トイレ
障害者用駐車場
気象庁のホームページへ