▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • JR津山線建部駅駅舎(旧中国鉄道建部駅駅舎)
指定区分 国登録有形文化財(建造物)
読みかた じぇいあーるつやませんたけべえきえきしゃ(きゅうちゅうごくてつどうたけべえきえきしゃ)
所在地 岡山市北区建部町中田
地図表示
指定年月日 平成18年03月02日
解説 明治31年(1898)に岡山駅~津山駅(現津山口駅)間に敷設された中国鉄道の駅舎の一つ。開通の2年後に地元からの請願駅として建設された。木造平屋建、瓦葺、基礎は花崗岩の切石を廻す。外観は腰板張、白漆喰壁とし、一部の増築や改変はあるが、全体に当初の姿をよく留めている。JR津山線の中でも、当初の姿を留めている現役の駅舎として貴重である。
アクセス方法 JR「建部駅」下車
公開状況 駅舎として使用中
設備
  • トイレ
備考

ピクトグラムアイコンについての説明
駐車場
トイレ
障害者用トイレ
障害者用駐車場
気象庁のホームページへ