▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • 由加神社本殿
指定区分 県指定重要文化財(建造物)
読みかた ゆかじんじゃほんでん
所在地 倉敷市児島由加
地図表示
指定年月日 昭和36年07月25日
解説 本殿は美麗な江戸時代初期の建築で一部に桃山時代の手法も見られる桁行一間、梁間三間の小建築である。入母屋造の屋根二棟を縦に並べ、一つの屋根にまとめた比翼入母屋造とし、妻入りとする。延宝4年(1676)の再建で、屋根は大正の改修時に檜皮葺から銅板葺に改められた。柱は円柱で、正面には桟唐戸を設ける。柱、垂木、木鼻にいたる細部に彫刻を行い、極彩色で仕上げていて、創建当時の輝きとともに江戸時代前期の様式をうかがうことができる。
アクセス方法 JR児島駅から車で約15分
公開状況 外観のみ
ホームページ
設備
  • 駐車場
  • トイレ
  • 障害者用トイレ
備考

ピクトグラムアイコンについての説明
駐車場
トイレ
障害者用トイレ
障害者用駐車場
気象庁のホームページへ