▼現在のサイト位置:トップページ > 文化財情報詳細
  • 吉備津神社回廊
指定区分 県指定重要文化財(建造物)
読みかた きびつじんじゃかいろう
所在地 岡山市北区吉備津
地図表示
指定年月日 昭和51年03月27日
解説 本殿から南随身門を経て、御供殿・御釜殿等に至る回廊。棟札によると、戦国時代の天正年間(1573~1591)の建立とされる。総延長398m、屋根は切妻造、本瓦葺、軒は一軒疎垂木、天井は化粧屋根裏で、簡素な構造となっている。建立に際しては、一間毎にその費用を氏子から募り、維持・管理も同様の手法を用いたという。長大な回廊は、境内の代表的な景観となっており、同時に美しい四季の変化も楽しめる、参拝者の散策コースでもある。
アクセス方法 JR吉備津駅から徒歩約10分
公開状況 開門5:00,閉門18:00
ホームページ
設備
  • 駐車場
  • トイレ
備考

ピクトグラムアイコンについての説明
駐車場
トイレ
障害者用トイレ
障害者用駐車場
気象庁のホームページへ